大宇宙勇機(だいうちゅうヒーロー) グランギャロップ》(フォース) 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (フォース)
ディメンジョンポリス - バトロイド パワー13000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:アタックした時、このユニットのクリティカルにつき、以下をすべて発動する。
・2以上-そのターン中、あなたの前列のリアガードすべてのパワー+5000。
・3以上-そのターン中、あなたの前列のリアガードすべてのパワー+10000。
・4以上-そのターン中、あなたの前列のリアガードのクリティカル+1。
【起】【(V)】【ターン1回】:【コスト】[【カウンターブラスト】(1)]することで、そのターン中、このユニットのクリティカル+1。

 銀華竜炎で収録されるグレード3のディメンジョンポリス

 1つ目は、アタック時、このユニットのクリティカルにつき、その数に対応した効果全てを発動する自動能力

 クリティカルに関連した効果のため、元々のクリティカルを2にするフォース・マーカーⅡとの相性は抜群。
 他にも、このユニットが持つ起動能力や専用サポートである《宇宙勇機 グランボルバー》(Vシリーズ)クリティカルを増やして、すべて発動できるようにするといい。
 ただ、アタックした時点でクリティカルを参照するのでドライブチェッククリティカルを増やしても効果は発揮されないことに要注意。

 第一段階は、クリティカル2以上の時、前列のリアガードすべてのパワー+5000する。
 フォース・マーカーⅡを獲得しておけば、すぐに達成できる。ただ、パワーの上昇値が低めであるため、第二段階まで持っていった方がいい。

 第二段階は、クリティカル3以上の時、前列のリアガードすべてのパワー+10000する。
 第一段階よりも上昇値が高く、合わさることで一気に15000もの高パワーを獲得することができる。
 フォース・マーカーⅡに加えて、このユニットの起動能力で条件を満たせるので、単体で発動できるのは大きなポイント。
 
 第三段階は、クリティカル4以上の時、前列のリアガードすべてのクリティカル+1する。
 クリティカルを増やすので、常にクリティカル2以上でのアタックが行うことができ、クリティカルトリガーが出なかった時の保険としても使える。

 2つ目は、カウンターブラスト(1)で、このユニットのクリティカル+1する起動能力

 少ないコストで簡単にクリティカルを増やせるので、一撃によるダメージを高めることができるが、あくまで自動能力の発動をサポートするものと考えた方がいい。

 全体的に見ると、自身よりも前列のリアガードの強化に重点を置いており、このユニットに対してはクリティカルを増やしているだけなので、十分にパワーを持っていなかったり、ブーストされていないとガーディアン1枚で簡単に防がれてしまう。
 《次元ロボ ダイスクーパー》《次元ロボ ゴーバイカー》でパワーを上げて、ガーディアンの数を増やしたい所ではあるが、守護者で対応されてしまうこともなくはない。
 
 逆に言えば、クリティカルの数=相手のダメージゾーンを増やす数なので、相手は数の多いクリティカルでのアタックを積極的に防がざるを得ないだろう。
 もちろん、リアガードを揃えていないと十分に効果を発揮できないことに注意したい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック銀華竜炎V-BT08/005 VR イラスト:安達洋介無限に続く宇宙の歴史に、新たな伝説がまた一つ。
V-BT08/SP05 SP イラスト/安達洋介なし