不死竜(ふしりゅう) マレフィックドラゴン/Dragon Undead, Malefic Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
グランブルー - スケルトン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、バトル相手のパワーが12000以上なら、そのバトル中、このユニットのパワー+10000。
【自】【(R)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたの《グランブルー》のヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。

 カードファイトパックVol.9で収録されたグレード3のグランブルー

 ヴァンガードアタックした時にバトル相手パワー12000以上なら、パワー+10000を得る。

 相手クロスライドしていれば必然的に要件が満たされる他、相手ダメージチェックトリガーユニットがでてもそのトリガー効果ヴァンガードに与えづらくなるため、相手に与える影響は見た目より大きい。

 リアガードから先にアタックするスタンドトリガー主体のデッキとは比較的相性が良い。
 仮にそのターンで最初のリアガードアタックダメージチェックトリガーユニットがでても、トリガー効果ヴァンガードに割り振ればこのカードパワーが上昇する。
 それを避けてリアガードに割り振れば、まだアタックしていないこのカードともう一方のリアガードアタックの勢いが削がれる事がなくなる、という二択を迫ることができる。

 反面、パワー11000のヴァンガード相手ではダメージチェックありきになることに加えて、このカード元々のパワーの関係からパワー21000ライン以上を形成するのが難しくなるため滅法弱くなる。

 仮に能力誘発出来ても、双闘で安定してパワー20000となる《死海の呪術士 ネグロボルト》《海賊貴公子 ピノ・ノワール》といったライバルが多いのが難点である。
 それらとは《海賊麗人 ピノ・ブラン》《不死竜 グールドラゴン》を採用しなくてもいい分デッキ構成が縛られない点で差別化したい。

 リアガードサークル上では《剣豪 ナイトストーム》と同じ性能になるので、相手ヴァンガードパワーによって、このカードライドするかリアガードサークルコールするか使い分けていきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

禍々しい瘴気の炎を身に纏う不死の竜。 生前は凶星の下に生まれついたと言われる程、何をやっても悪い方向に働く不運な戦士だった。 しかし、不死者として蘇った後は強大な力を発揮するようになり、その力に比例するかのように、性格も狂暴で残忍なものに変わっていったという。 周囲の生物から見境なく生気を吸収し、瘴気の炎で水を腐らす腐海の亡竜。 凶星の下に生まれついたと笑われた戦士は、いつしか凶星を従える魔物として恐れられるようになった。 その悪辣な行動はかつて自分を蔑んだ者への報復か、斯様な星の下に産み落とした神への復讐か。 神に愛されず朽ちた亡者は、生きとし生ける者すべてを冒涜する為だけに、海を彷徨う。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

PRカードカードファイトパックVol.9PR/0120 イラスト/松島一夫呪われた竜には、神の祝福さえも無意味だ。
PRカードアニメ「カードファイト!! ヴァンガード リンクジョーカー編」DVD(2)初回封入