《プチット・エース》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆
【起】【(R)】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1),このユニットを【レスト】する] あなたのリアガードを1枚選び、【スタンド】し、そのユニットが闘魂能力を持つなら、そのターン中、パワーを増やす。増やす数値は、このユニットのパワーである。このユニットを退却させる。
【起】【(R)】:[他のあなたのリアガードを1枚選び、【レスト】する] そのターン中、このユニットのパワー+3000。

 剣牙激闘で収録されたグレード0のノヴァグラップラー

 ジェネレーションブレイク(1)は、カウンターブラスト(1)と自身のレストで、リアガード1枚をスタンドし、そのユニット闘魂能力を持つなら、このカードパワーと同じ数値のパワーを与え、自身を退却させる起動能力

 使えるタイミングは遅めだが、《ベアナックル・アーネスト》《フュリアス・パンチャー》等に良く似たスタンドを1枚分のディスアドバンテージと引き換えにして行え、それによって同様の恩恵が受けられるが、こちらでは闘魂能力リアガードを選んだ場合にそのユニットパワーを与えることができる。

 与えるパワーの数値はこのカードパワーの数値と同じなので基本的にはパワー+5000となるが、3つ目の能力を上手く利用すれば与えるパワーは簡単に増やせる。

 混合クランデッキでは《全智竜 アーヴァンク》との相性が良く、そちらでカード効果退却しない永続能力《メチャバトラー マルヤーキ》《パーフェクト・レフリー 2.99》等で闘魂能力を与えた場合、コストレストしたこのカードスタンドすることで実質カウンターブラスト(1)でこのカードパワーを倍の数値にする能力になる。
 その際、《メチャバトラー マルヤーキ》《パーフェクト・レフリー 2.99》能力で与えられた闘魂能力効果パワー増加能力を得られるので、ヴァンガードアタックした時にもパワーを稼げる。

 3つ目の能力は他のリアガード1枚のレストで、パワー+3000を得る起動能力

 《究極生命体 コスモロード》《デスアーミー・ポーン》起動能力と類似しているが、コストで選べるリアガードはこのカード以外のリアガードであれば特に制限はなく、パワーの増加も《究極生命体 コスモロード》起動能力と同等の数値となっている。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3033 (2017-02-02)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。特に回数制限がされていない起動能力はコストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも使うことができます。
  • Q3035 (2017-02-02)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3090 (2017-02-02)
    Q. スタンド状態のリアガードも選べますか?
    A. はい、選べます。
  • Q3121 (2017-02-02)
    Q. 闘魂とはなんですか?
    A. 闘魂とは、あなたのカードの効果でこのユニットがスタンドした時に発動する能力です。
  • Q3122 (2017-02-02)
    Q. 闘魂能力は、スタンドフェイズのスタンドでも発動しますか?
    A. しません。スタンドフェイズのスタンドはルールによるもので、カードの効果ではありません。
  • Q3123 (2017-02-02)
    Q. スタンド状態のユニットを「スタンドする」効果で選んだ場合も発動しますか?
    A. しません。スタンド状態のカードを「スタンドする」効果で選んでも、カードの状態は変わりません。
  • Q3124 (2017-02-02)
    Q. このカードは闘魂能力を持つユニットですか?
    A. 「闘魂能力を得る」などであれば、能力を得た後は闘魂能力を持つユニットです。得る前であったり参照しているだけなら、闘魂能力そのものは持っていないため闘魂能力を持つユニットではありません。

収録情報 節を編集

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/096 C デザイン:伊藤彰 イラスト:田所哲平初っ端からエンジン全開で行くぞ!