《ライジング・ライオネット/Rising Lionet》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ゴールドパラディン - ハイビースト パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[このユニットをソウルに置く] 他のあなたのユニットが山札から(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、そのユニットのパワー+5000し、【自】(R)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から3枚見て、1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルする。』を与える。

 覇道竜星で収録されたグレード0のゴールドパラディン

 ジェネレーションブレイク(1)は、他のユニット山札からリアガードサークル登場した時に自身のソウルインで、そのユニットパワー+5000と『ヴァンガードヒットした時にデッキトップ3枚から1枚までスペリオルコールする自動能力』を与える自動能力

 単体ではディスアドバンテージだが、要求シールド値を確実に上げるパワーガード強要になる能力を同時に与えられるのは優秀で。
 与えた能力誘発あるいはガード強要が行えれば見合うアドバンテージを得られる。

 ジェネレーションブレイク(1)が使える状況になればリアガードの展開にはそうそう困らない。
 その段階でスムーズにフィールドを離れられるのは利点である。

 与える能力は自身のアタックによってのみ誘発するものである。
 前列要員となるユニットに与えられなければ意味がない点は留意しておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

神聖国家第二正規軍“ゴールドパラディン”に所属するハイビーストの戦士。「グルグウィント」の調査隊に配属されたばかりの新米で、放っておくとすぐに無茶をする為、共に配属された「ゴルボドゥク」が常にお目付け役として面倒を見ている。光の魔法が込められた短剣は、亡き父から託された遺品であり、周囲の邪悪を祓う力を持つ。

  • 「ライジング(Rising)」は日の出、「ライオネット(Lionet)」は子獅子を意味する。

FAQ 節を編集

  • Q1321 (2015-05-28)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q1322 (2015-05-28)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1323 (2015-05-28)
    Q. 見たカードの中に、当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 置く場所を指定されている場合はその指示に従い、シャッフルする場合は見たカードも含めてシャッフルしてください。
  • Q1378 (2015-05-28)
    Q. 複数のユニットが同時に山札からリアガードサークルに登場し、このカードのコストを支払いました。このユニットの効果は、同時に登場したユニットすべてに適用されますか?
    A. いいえ、されません。同時にユニットが登場していたとしても、一回のコスト支払いに対して効果を得られるのは一回、1枚のみです。

収録情報 節を編集

ブースターパック覇道竜星G-BT03/064 C イラスト/中村エイト大きくなったら、太陽のような鬣になるんだ!