《メッチャバトラー ビクトール》(アクセル) 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (アクセル)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー12000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:登場時、あなたの山札を上から7枚見て、「メチャバトラー」を含むグレード2以下を1枚まで(R)にコールし、山札をシャッフルする。
【自】【(V)】:アタックした時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)]することで、あなたのリアガードを1枚まで選び、【スタンド】する。そのリアガードがこのターンにカードの能力で2回以上【スタンド】しているなら、そのターン中、このユニットのドライブ+1。(この能力の【スタンド】も含む)

 蒼騎天嵐で収録される収録されるグレード3のノヴァグラップラー

 1つ目は、登場時、自分の山札の上から7枚見て、「メチャバトラー?」を含むグレード2以下を1枚コールする自動能力

 コストを払うこともなく、リアガードを増やすことができ、このユニットがライドしている頃には、アクセル・マーカーが配置されているので、リアガードの数を減らすこともない。
 今弾では「メチャバトラー?」が多数収録されており、コールできる対象は多いが、主にスタンドを繰り返すことで異なる効果を発揮する《メチャバトラー ドスレッジ》スペリオルコールするのが狙い目。

 2つ目は、アタック時、カウンターブラスト(1)、およびソウルブラスト(1)することで、自分のリアガード1枚をスタンドする。そのリアガードがこのターンに2回以上スタンドしていれば、そのターン中、このユニットのドライブ+1する自動能力

 コストが軽くないわりにスタンドさせるリアガードの数が1枚だけとやや割りに合わないが、そのリアガードが複数回スタンドしていれば話は別。
 アタックした時点で既に2回以上スタンドさせていれば、このユニットのドライブを追加でき、トリガーユニットのトリガー効果を発動させる確率を上げることができる。
 ただ、条件を満たすにはこのユニットの他にスタンド能力を持つユニットの存在が必要不可欠。
 特に単体でスタンドすることが可能な《メチャバトラー ガンバルガン》《ヴィザーディッド・アッシュラー》が最有力候補に挙がる。
 他にも、このユニットと同じリアガードのスタンドが行える《キックキック・タイフーン》を利用するなど、手段は限られるが、条件を満たすには持ってこいである。

 後は、スタンドさせるリアガードのパワーを十分に持たせるように、パワー増加を永続的に発揮できるアクセル・マーカーにコールしておくのがいいだろう。
 アクセルⅠならシールド値の増加を狙うこともできるが、展開を重視するならアクセルⅡを選ぶのもいい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック蒼騎天嵐V-BT11/003 VR デザイン:たにめそ イラスト:ToMo前よりももっと強くなる!お前に絶対勝つ為に!
V-BT11/SP03 SP デザイン/たにめそ イラスト/ToMoなし