《キックキック・タイフーン》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(V)/(R)】:登場時、このユニットが、(V)か追加された(R)にいるなら、そのターン中、あなたのユニット1枚のパワー+5000。
【自】【(R)】【ターン1回】:アタックした時、あなたの前列の(R)すべてにリアガードがいるなら、【コスト】[【カウンターブラスト】(1)]することで、あなたの他のリアガード1枚を【スタンド】する。

 The Heroic Evolutionで収録される収録されるグレード2のノヴァグラップラー

 1つ目の自動能力は、ヴァンガードサークルか追加されたリアガードサークル登場した時、そのターン中、ユニット1枚のパワー+5000する。

 方法が限定的だが、コスト無しでユニットパワーを増加できる。
 ただし、3~4ターン目にこのカードライドした場合は、他のリアガードが十分に配置していないことも多く、自身のパワーしか上げられない事もあるだろう。

 2つ目の自動能力スタンドするリアガードが、追加のリアガードサークルに居た方が都合の良い場合もあるので、このカードコールする為のリアガードサークルアクセルで別に追加しておくと、スタンドするリアガードパワーを増加しやすい。

 2つ目の自動能力は、ターン1回、アタックした時、前列リアガードサークルすべてにリアガードがいるなら、カウンターブラスト(1)で、他のリアガード1枚をスタンドする。

 前列リアガードサークル全てにリアガードが揃っている必要があるものの、他のリアガードスタンドできる。

 《バーストライザー》(グレード2)《獣神 ブラック・トータス》(Vシリーズ)等のスタンド手段に比べて、コストも軽く、別のリアガードスタンドするので、よりスタンドに適したパワーの高いリアガードを選べる。

 《獣神 アズール・ドラゴン》(アクセル)等のヴァンガードアタックした時にスタンドする能力で一度スタンドしたリアガードも選べる他、トリガーアイコン効果パワークリティカルの増加したリアガードスタンドできるのは非常に強力である。

 アクセル前列リアガードサークルを増やしすぎると、前列リアガードを揃えにくくなるので、注意したい。
 安定した運用を求めるならアクセルⅡドローしておくのが良いだろう。

 プレミアムスタンダードでは、スタンドに加えてパワーの増加まで行える《ホワイト・ハンク》もあるが、あちらはジェネレーションブレイク(1)の制約に加えてブーストが必要なので差別化は容易い。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

エクストラブースターThe Heroic EvolutionV-EB06/007 RRR イラスト/とりゆふ罰ゲームでお馴染みの人気ファイター。
V-EB07/SP04 SP イラスト/とりゆふなし
スペシャルシリーズフェスティバルコレクションV-SS05/047 R イラスト/とりゆふ罰ゲームでお馴染みの人気ファイター。

•罰ゲームでキックを浴びせる点からして、名前とフレーバーテキストの元ネタは「ガキの使いやあらへんで!」の年末スペシャルでの出演者(主にお笑いコンビ・ココリコの田中さん)へのタイキックとそれを浴びせるムエタイファイターだろうか。