Gレギュレーション 節を編集

 かつての公式大会・公認大会における構築条件の1つ。

概要 節を編集

 2015年3月より実装された、「カードファイト!! ヴァンガードG」シリーズから始めるファイターが大会参加しやすくため生まれた構築条件である。

 通常のクランファイト同様の構築条件に加えて、使用できるカードは、「カードファイト!! ヴァンガードG」シリーズのカード(厳密に言えば、「2014年11月21日(覚醒の時空竜及び明星の聖剣士2セットの発売日)以降に使用可能、もしくは再録されたカード」)に限られる。

 大雑把に言えば、「表側の右下に国家アイコンが入っているデザインのカード(及び再録前の同一カード)、クレイエレメンタル刀剣乱舞に属するカード、及び《ハーモニクス・メサイア》のみのクランファイト」という事である。

 大会レギュレーションの再編を伴に、2018年5月1日廃止だったが、事実上の後継構築条件である「スタンダード」が同日より開始された。

  • 《タイダル・アサルト》など、再録時に国家アイコンを与えられた再録カードは、国家アイコンを持たない再録前の同一カードも使用可能。
  • 2015年4月24日に再販されたネオンメサイアは、再録として扱わず、引き続き「カードファイト!! ヴァンガード」のセットとして扱われる。よってGレギュレーションで使用できるとは限らない。
  • 初期のルールでは、ファイターズルールの【カードの使用に関する追加ルール】と【特殊構築条件】が適用されなかったが、2016年2月29日より、前述のルールはGレギュレーションにも適用される。
  • 「カードファイト!! ヴァンガードG」のアニメ展開の都合からか、実装初期ではカードプールの追加が特定クランに偏っているため、通常公認ショップファイトで採用できる2015年12月(覚醒の時空竜・明星の聖剣士発売約1年後)時点で、一部のクランでトリガーユニット(数クランでノーマルユニットまでも)不足により構築できないという事態である。
    • そのためかGレギュレーションを採用された唯一の全国大会である「ファイターズロード2016」では、使用可能なトリガーユニットの種類が非常に少ない一部のクランへの救済措置のため「発売・配布済みのトリガーユニットは全て使用可能」という特例が追加された。
    • 事実上の後継構築条件であるスタンダードはその反省を踏まえて、実装初期では本編アニメでの出番が少なかった(できなかった)クランが積極的にエクストラブースターで追加を行っている。この方針によって、(スタンダードで登場予定がないコンボクラン刀剣乱舞を除く)全クランが実装から約10ヶ月程で無事スタンダード移行を果たした。

関連リンク 節を編集