【ノヴァグラップラー】(Vシリーズ) 節を編集

概要 節を編集

 豊富に存在するスタンド手段と低燃費のカウンターブラストが特徴のデッキ
 ブースターパックチームQ4」より構築可能となっている。

 カードアドバンテージ獲得性能にやや難があり展開力自体はそれほど高くないものの、それを補えるような能力によるスタンド効果と個々のユニットパワー増加効果を駆使する攻撃的なデッキ

 後発である【アクアフォース】とは能力によるスタンドを多用する点で戦術が酷似しているが、あちらは基本的にヴァンガード能力を使用する為にバトル回数を稼ぐ傾向が強いのに対し、こちらは特にこれといった制約が無くスタンド能力そのものでの相手ダメージゾーンの蓄積を狙うような傾向が強い。
 その為比較的個々のユニットパワーを増やす能力に恵まれており、また使い勝手の良いダメージゾーンの表のカードを補充する能力が存在している為、他クランデッキよりもカウンターブラストを多く利用しやすく、それによって更なる火力の底上げもできる。

構築について 節を編集

―グレード3

―グレード2

  • 《ハイパワード・ライザーカスタム》(Vシリーズ)?
    パワー9000。

―グレード1
《ライザーカスタム》(Vシリーズ)
パワー8000/シールド10000

《ジェットライザー》(Vシリーズ)
パワー7000/シールド10000

《ヘイト・リフレクター》
守護者
クリティカルトリガーフロントトリガーの合計枚数を増やしたい場合の候補。

―グレード0

―トリガーユニット

大まかなタイプ別構築について 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 ダメージゾーンカードを表にする能力パワー上昇や強力なガード強要が行える能力を持つカードはいるものの、直接的なカードアドバンテージの獲得の手段に欠けるため、ピンポイント狙いの退却能力に弱く、純粋な展開力勝負に持ち込まれるとついていけない場合がある。

 また、カウンターブラストを最大限に活用するデッキである為、序盤からリアガードを削られカウンターブラストが確保できなくなっても厳しい。

関連リンク 節を編集