ショップファイト 節を編集

概要 節を編集

 全国のカードショップやそれに準ずる店舗にて開かれる、恐らく最もカジュアルな公式大会。
 試合形式はダブルエリミネーション形式(1試合20分)。
 1店舗にて1週間毎に行われることが多い。

 参加費を必要とする店舗と必要のしない店舗の2通りがあり、それぞれがどちらであるかは店員に尋ねるのがいいだろう。
 また、事前予約の必要な店舗、必要としない店舗もあるので、参加するのであればそちらも店員に尋ねるのが好ましい。
 事前予約が必要な場合は店頭予約、電話予約、もしくはどちらでも可能な場合もある。

 比較的小規模な大会イベントであるが故に気軽に参加しやすいという点が最大のメリットと言える。
 それでいながら初対面の人とファイトすることができるのが大会イベントの独特の楽しさである。
 また、現在の環境を把握するには手頃な場所であるという点も見逃せない点である。
 あなたの近くにショップファイトの開かれる店舗があれば参加してみるのもいいだろう。

 なお、小規模とはいえ公式の大会であることには変わりない。
 マナーを守り、略称を多用を避ける、能力の発動宣言やアタック対象の宣言などを忘れず行う、などに気を付けたい。

  • 2014年3月より、クランファイトエクストリームファイト構築条件の導入に伴い、ショップ大会の名前が「公認ショップファイト」に変更され、体制には大きな変更が加えられる。
  • 参加賞としてPRカードや「ファイターズカウンター」等が貰える。
    • ファイトをするために大会に参加したいというより、これらの参加賞が欲しいがために参加する人も散見される。
  • アニメにおいては第9話より先導アイチ達が参加しているイベントとして登場。特に先導アイチにとっては第9話のそれが記念すべき初の大会参加であり、彼はここから特に大きく成長していく。

開催クラス 節を編集

 常設形式として開催の大会は、通常のオープンクラス大会相当である「クランファイト」、単一クランデッキと混合クランデッキが共存できる「エクストリームファイト」、女性のみ参加可能の「女性限定ファイト]]」の3種類が存在する。

 また、イベントか新規商品の発売と合わせた、期間限定開催のイベント、通称「スタートファイト」が設立された。

 構築条件は、エクストリームファイト、英語版限定大会(2015年6月開催分まで)と一部の特別大会以外、原則としてクランファイトを採用している。

  • 再編初期環境では、「クランファイト」以外の常設イベントは、原則として1つの店舗あたり月に1回しか開けないだが、2015年から、「エクストリームファイト」の月間開催回数制限を廃止され、クランファイト同様1店舗にて1週間毎に行われることができる。
  • 2014年2月までの「ジュニアクラス」の参加条件「小学生以下のみ」だが、前述の体制変更に伴い、年齡制限は「中学3年生」までに引き上げ。