《レッドスター・デュアルホーン/Redstar Dualhorn》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ペイルムーン - キメラ パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1):このユニットがソウルから(R)に登場した時、そのターン中、このユニットのパワー+2000。
奇術 - 【自】【Gブレイク】(1):[【ソウルブラスト】(1)] 奇術能力の効果で、このユニットがソウルから(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、ソウルから1枚選び、このユニットと同じ縦列の(R)にコールし、そのターンの終了時、この効果でコールされたユニットをソウルに置く。

 超極審判で収録されたグレード2のペイルムーン

 1つ目の能力は、ソウルからリアガードサークル登場した時にパワー+2000を得るジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 《ジャンピング・ジル》と比較してジェネレーションブレイク(1)の制限がある上に効果量で下回ってしまう。
 要件がないことや奇術能力を持つカードに関するサポートに対応する点を除いてやや見劣りするので、2つ目の能力との併用することを前提として利用したい。

 2つ目の能力は、奇術能力効果で、ソウルからリアガードサークル登場した時にソウルブラスト(1)で、ソウルから1枚を同じ縦列スペリオルコールし、そのターンの終了にそのユニットソウルに置くジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 《フライング・ペリュトン》と違い、奇術能力効果ソウルからスペリオルコールする必要がある上、コストとしてソウルブラストが加わっており、扱いにくくなっているので、必ず1つ目の自動能力で差別化を図りたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1780 (2016-08-25)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まずGユニットの移動を同時に行ないます。その後、解呪、デリート解除がすべて同時に行なわれ、その後、「解呪」等で誘発した能力とGユニットが移動したことによって誘発した能力が解決されます。それらが終わったら、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q1782 (2016-08-25)
    Q. 奇術でコールされたユニットがターンの終了時にドロップゾーン等に移動していた場合はどうなりますか?
    A. ソウルには移動せず、そのままとなります。コールされたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、それは別のカードとして扱われます。

収録情報 節を編集

ブースターパック超極審判G-BT08/080 C イラスト/じんてつ多芸は無敵。