《グラップルマニア/Grapple Mania》 節を編集

トリガーユニット 【醒】(スタンドトリガー) 〈0〉 (ブースト)
ノヴァグラップラー - ワーカロイド パワー4000 / シールド10000 / ☆1
【自】【(R)】:このユニットが《ノヴァグラップラー》を【ブースト】したバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、あなたのダメージゾーンから1枚選び、表にしてよい。表にしたら、そのターンのエンドフェイズ開始時、このユニットを山札に戻し、その山札をシャッフルする。

 虚影神蝕で収録されたノヴァグラップラースタンドトリガー

 【ノヴァグラップラー】では、不安定ながらバトルフェイズ中にダメージゾーンカードを表にできれば、スタンド等の各種コストで必要となるリソースが確保できる利点はある。

 ただし、メインフェイズ以前にダメージゾーンカードを表にする手段を有するノヴァグラップラーとしてはその不安定さと表にすることに成功しても1枚分のディスアドバンテージを負ってしまうのは辛いところ。
 差別化を図るには、メインフェイズ以前にダメージゾーンに裏のカードが無い状態でバトルフェイズ中にカウンターブラストを消費した表のカードを補填し、同一ターン中に他のカウンターブラストを消費する能力を使用することを心掛けていきたい。

 誘発条件は厳しめだが、リアガードスタンドを得意とする【ノヴァグラップラー】であれば、このカード前列ユニットを何度もスタンドすることができるのであれば、ある程度は狙えるだろう。
 更に難しいが、スタンドによって複数回誘発させることも不可能ではない。

 特性上、複数回に渡るカウンターブラストの消費によってその都度リアガードスタンドを行う《フェイバリットチャンプ ビクトール》との相性はそこそこ良いといえる。

 ただし、ダメージゾーンカードを表にして単にリアガード1枚をスタンドする能力の利用を狙うだけであれば、ジェネレーションブレイク(1)の制限があるものの、確実にリアガードスタンドを行える《エナジー・ガール》の方が無難といえるだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

ノヴァグラップルの熱狂的ファンは総じてこう呼ばれる。
開幕当初から減ることの無い彼らのようなファンがノヴァグラップルを支えてるのは間違いないが、
ときに行き過ぎた応援やパフォーマンスが高じてワーカロイドに連れて行かれる姿もチラホラと見受けられる。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック虚影神蝕BT04/078 C イラスト/ZBブボボボボォォォ~。 客席から重低音が響き渡る。