#author("2020-03-23T23:27:46+09:00","","")
#author("2020-03-23T23:30:33+09:00","","")
*《&ruby(こっかくおう){黒角王}; ブルパワー・アグリアス/Black Horn King, Bullpower Agrias》 [#top]
|BGCOLOR(#FFF0F5):|c
|[[Gユニット]] 〈4〉 ([[トリプルドライブ!!!]])|
|[[スパイクブラザーズ]] - [[オーガ]] パワー15000+ / シールドなし / ☆1|
|【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。&br;&color(green){【自】};【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),あなたのGゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にする] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードを好きな枚数選び、表でバインドする。3枚以上バインドしたら、1枚引き、あなたのGゾーンの表のカード1枚につき、バインドゾーンから2枚まで選び、ユニットのいない別々の(R)にコールする。|

 [[究極超越]]で収録された[[スパイクブラザーズ]]の[[Gユニット]]。

 [[アタック]]した時に[[カウンターブラスト]](1)と[[Gゾーン]]から自身と[[同名>同名のカード]]の裏の[[カード]]を1枚を表にすることで、[[リアガード]]を好きな枚数、表で[[バインド]]し、3枚以上[[バインド]]したら、1枚[[ドロー]]し、[[Gゾーン]]の表の[[カード]]1枚につき、[[バインドゾーン]]から2枚を[[スペリオルコール]]する[[自動能力]]を持つ。

 [[《大悪党 ダーティ・ピカロ》]]と同様に[[Gゾーン]]の表の[[カード]]の枚数に応じて疑似[[スタンド]]狙いの複数枚の[[スペリオルコール]]を行える。
 こちらは[[スペリオルコール]]選択肢が[[バインドゾーン]]の[[カード]]と狭めであるが、直前に行う[[リアガード]]を[[バインド]]する[[単発効果]]により[[スペリオルコール]]に必要な[[ユニット]]のいない[[リアガードサークル]]を事前に確保する手間が不要になっており、[[手札]]も[[ドロー]][[効果]]で増えるようになっている。

 [[Gゾーン]]に表の[[カード]]がない状態からでも利用可能で、その状態でも3:3交換の効率で1枚の[[ドロー]]と2枚の[[スペリオルコール]]が行えるので、十分な下準備ができておらずとも[[ディスアドバンテージ]]の発生は抑えられるようになっている。
 [[Gゾーン]]の表の[[カード]]がある状態からなら4枚以上の[[スペリオルコール]]が狙えるようになり、さらに[[《冷血参謀 カニング・ブレイン》]]等の別の[[バインド]]手段を併用しておけば[[スペリオルコール]]の選択肢も増やせる。

 欠点として追加[[効果]]の[[要件]]を満たすには[[リアガード]]を3枚以上[[バインド]]する必要があるため、[[《大悪党 ダーティ・ピカロ》]]とは逆に[[リアガード]]を3枚以上残しておくことが求められる。
 それにより、[[突撃]][[能力]]等の[[バトルの終了>バトルフェイズ#close_step]]時に[[フィールド]]を離れる類の[[時限誘発]]を作成する類の[[能力]]の事前利用は差し控えなくてはならないが、[[《プランプト・チーター》]]や[[《メカ・コーチ》]]等の残す手段を併用すれば[[突撃]]状態関連の[[能力]]の事前に利用しても影響を出ににくくすることができる。

 その他、[[《炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン》]]等やそれを起点とした[[リアガード]]潰しのコンボによる妨害の影響を受けやすいので、[[《大悪党 ダーティ・ピカロ》]]と使い分ける等して補うようにしたい。

**関連カード [#card]
-[[超越スキル]]

**ユニット設定 [#profile]
'''このユニットは[[今日のカード]]で紹介されていません'''

**FAQ [#faq]
-Q3758 (2017-11-17)
Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
-Q3759 (2017-11-17)
Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
-Q3764 (2017-11-17)
Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
-Q3765 (2017-11-17)
Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
-Q3766 (2017-11-17)
Q. このユニットのコストで表にしたGゾーンのカードも、効果での枚数参照に数えてよいのですか?
A. はい、数えます。
-Q3838 (2017-11-17)
Q. バインドゾ-ンに裏で置かれているカードも選ぶことはできますか?
-Q3597 (2017-11-17)
Q. バインドゾーンに裏で置かれているカードも選ぶことはできますか?
A. はい、選べます。

**収録情報 [#pack]
|[[ブースターパック>カードリスト#g_bt]]|[[究極超越]]|G-BT13/021 [[RR]] イラスト/[[タカヤマトシアキ]]|'''神たが何だか知らねぇが、&ruby(ゴリオシ){必殺戦術};の前に敵はい無ぇ!'''|
|~|~|G-BT13/S11 [[SP]] イラスト/[[タカヤマトシアキ]]|'''(※なし)'''|
----
&tag(《黒角王 ブルパワー・アグリアス》,Gユニット,グレード4,スパイクブラザーズ,オーガ,【超越】);