#author("2020-08-30T15:11:08+09:00","","")
#author("2023-07-11T22:01:59+09:00","","")
*メサイア/Messiah [#top]
 [[種族]]の一つ。
 「メサイア(messiah)」は「救世主」などを意味する。
'''''【メサイア】''&br;創世神メサイアのこと。&br;「調和」を司る惑星クレイの神格。&br;かつて科学しか存在していなかった惑星クレイに新たな法則・魔法を誕生させた。&br;ギーゼとは対となる存在であり、ギーゼの消滅した現在、メサイアはその役目を終え、より大いなる神格「クレイズイデア(イデア)」の一部へと還っている。'''

-[[メサイア>メサイア#top]]
--[[クラン別>メサイア#card]]
 「メサイア(messiah)」とは、主にユダヤ教やキリスト教における救世主のことである。ヘブライ語で「油を注がれた者」を意味する。
 「メサイア」は「メシア」の英語読みであり、本来のヘブライ語では「マシアハ(מָשִׁיחַ mashiach)」となる。なお、ギリシャ語では「メシア」を「クリストス(christos)」(キリストの意)と訳されている。
-宗教界で「メシア(救世主)」として位置づけられているのは、キリスト教では「イエス」のことを指しているが、ユダヤ教では、イスラエルを再建し世界に平和をもたらす者とされる。

 背景設定上では「弐神紀」以降に出現した、調和を司る神格である創世神[[《ハーモニクス・メサイア》]]のことを指す。
-資源の枯渇への解答として、かつて「創世竜紀」時代に科学文明として栄えていた[[惑星クレイ]]に新たな法則「魔法」をもたらしたとされている。しかし、この時代には対となる破壊神[[《破壊の竜神 ギーゼ》]]も出現し、「新聖紀」まで続く2つの神格の争いをもたらすことになる。
--弐神戦争時には、その破壊神の手によって世界各地で天災が如き被害をもたらしつつ、なんとか勝利を収め[[ギーゼ>《破壊の竜神 ギーゼ》]]を封印。終戦後は、歪みを抑えていた末に力尽き眠りについたが、「聖竜紀」で「メサイア・スクランブル」の際に再び覚醒し、かつて[[惑星クレイ]]を襲撃していた[[リンクジョーカー]]をその母星と融合させ、新たな子を守るための化身を顕現させる。
---だが、[[根絶者]]の大半を駆逐した後、弱化して再び眠りついてしまう。「聖竜紀」の終わりに[[《クロノジェット・ドラゴン》]]ら[[十二支刻獣]]に守られながら、過去と未来を駆け巡る形で逃走を繰り返すものの、遙か未来から届けられた「運命力の奔流」を受け取ったことで[[《ネオンメサイア》]]として再び覚醒を果たした。
--「新聖紀」以降は、次世代の[[リンクジョーカー]]を庇護する為に[[新たな姿>《オルターエゴ・メサイア》]]へと変化させ、[[スターゲート]]の山地で次世代の[[リンクジョーカー]]と共に穏やかな日々を過ごしていたが、対存在である[[ギーゼ>《破壊の竜神 ギーゼ》]]の復活を感じ取り、[[創世を司る竜神>《創世竜 ハーモニクス・ネオ・メサイア》]]としての本能へ再び覚醒。だが、この時点で既に対抗できる十全の状態では無かった。
--[[ギーゼ>《破壊の竜神 ギーゼ》]]の復活によって、弐神による二度目の戦闘がもう一つの世界(地球)にまで広がる中、その破壊神に対抗できる可能性を持ち得る可能性がある「[[クロノジェット>《クロノジェット・ドラゴン・Z》]]」に残りの力を託した。決戦で捨て身攻撃で突貫した[[《クロノバイザー・ヘリテージ》]]と相打ちになる形で[[ギーゼ>《破壊の竜神 ギーゼ》]]は滅び去り、終戦後は自らも神格としての役割を終えてイデアへ還り、長きに渡る2つの神格の争いが終幕した。
---…が、彼らの消失によって[[惑星クレイ]]では神格を喪失、「祈り無き時代」と呼ばれる時代(無神紀)に突入し、古代から暁紅院に祭られてきた[[聖なる太陽の竜>《天輪聖竜 ニルヴァーナ》]]の覚醒まで3000年の間、長い暗黒期を迎えることになってしまう。 
---彼は消滅直前、遊星ブラント(後の[[ブラントゲート]]の月)に『メサイアの碑文』なる警告を遺しており、これが後の「天輪聖紀」における[[ユニット]]達の道標に繋がっていくことになる。

-誕生経歴は特に描かれていない。ただし、後に公開された「解説!惑星クレイ史」にて「''始祖創世竜''」というメサイア・ギーゼ以前の最初の神格と神格の源「''クレイズイデア''」なる存在の諸設定が若干程度に追加、補元された。
--「クレイズイデア」とは、[[惑星クレイ]]の誕生と共に生み出された存在で、歴史を通じて幾度となくその姿を変え、時代ごとに異なる性質を持つエネルギーの根源とされており、メサイアやギーゼなどといった神格の元にもなっている。
---中でも「始祖創世竜」は、最古の神格とされており、[[惑星クレイ]]にドラゴンを始めとした様々な生命と進化をもたらしたとされる。
---余談だが、「始祖創世竜」は、正式な名前や姿を含めて詳細不明の存在であり、カード化もされていない。

-この神格の元となったモチーフは(正確に)存在しないと見られるが、上述したように名前こそ「''救世主(メサイア)''」であるものの、実態は「創世神である」、「善と悪の二元」等と、ゾロアスター教の最高神「アフラ・マズダー(Ahura Mazdā)」に近いものと見られる。
--「アフラ・マズダー」は、正義と法を司る神にして最高神であり、その名は「智恵ある神」又は「天空」と「光」を意味する。中世以降は「スプンタ・マンユ(Spənta Mainyu)」と同一視されることもある。
悪神アンラ・マンユとは対なる存在で、終末の日に善なるものと悪しきものを再び分離する最後の審判を下すとされており、キリスト教でいう唯一神とイエス・キリストの役割を担う善と悪を超越した存在といえる。 
--因みにキリスト教においても''イエスが神である''という教義が存在するが、イエスを神とする場合、神が複数存在することになってしまう(そもそもキリスト教は唯一神である)、という問題が生じる。

-[[種族]]の一つとされるが、実態はどの種族の枠組みには収まらない特別な存在(他TCG作品で例えるなら『遊⭐︎戯⭐︎王』の「三幻神」のようなもの)としての意味合いが強いものとなっている([[ギーゼ]]も同様)。

-この[[種族]]に属する[[ユニットカード]]は、その他の[[種族]]と違い、指定の文字列と完全に一致する[[カード群]]([[後述>#top2]]を参照)が存在している。

-[[メサイア/Messiah>メサイア#top]]
--[[国家別(overDressシリーズ)>メサイア#overDress_card]]
---[[ブラントゲート>メサイア#Brandt_Gate]]
--[[クラン別(新シリーズ)>メサイア#new_card]]
---[[リンクジョーカー>メサイア#new_Link_Joker]]
--[[クラン別(旧シリーズ)>メサイア#card]]
---[[リンクジョーカー>メサイア#Link_Joker]]
---[[――>メサイア#ohter]]
---[[無所属>メサイア#other]]
--[[関連リンク>メサイア#link]]

**クラン別 [#card]
**国家別(overDressシリーズ)[#overDress_card]
***ブラントゲート[#Brandt_Gate]
―Gユニット
-[[《創世竜 アムネスティ・メサイア》(Dシリーズ)‎ ‎]]
-[[《創世竜 エクセリクス・メサイア》(Dシリーズ)‎‎]]

―グレード3
-[[《オルターエゴ・メサイア》(Dシリーズ)‎]]

―グレード2
-[[《アレスター・メサイア》(Dシリーズ)‎ ‎]]
-[[《アローザル・メサイア》(Dシリーズ)‎‎]]

―グレード1
-[[《アスリープ・メサイア》(Dシリーズ)‎]]
-[[《サクリファイス・メサイア》(Dシリーズ)]]

―グレード0
-[[《ネオンメサイア》(Dシ‎リーズ)]]‎‎
**クラン別(新シリーズ)[#new_card]
***リンクジョーカー[#new_Link_Joker]
―グレード3
-[[《オルターエゴ・メサイア》(フォース)]]
-[[《ハーモニクス・メサイア》(ノーマルユニット)]]
-[[《”Perfectus”・メサイア》]]

―グレード0
-[[《ネオンメサイア》(Vシリーズ)]]

―トリガーユニット
-[[《ブリンクメサイア》(Vシリーズ)]]

**クラン別(旧シリーズ) [#card]
***リンクジョーカー [#Link_Joker]
―Gユニット
-[[《創世竜 アムネスティ・メサイア》]]
-[[《創世竜 インテグラル・メサイア》]]
-[[《創世竜 エクセリクス・メサイア》]]
-[[《創世竜 ジャッジメント・メサイア》]]
-[[《創世竜 トランスエルス・メサイア》]]
-[[《創世竜 ハーモニクス・ネオ・メサイア》]]
-[[《創世竜 バサルティス・メサイア》]]
-[[《創世竜 フラジオレット・メサイア》]]
-[[《創世竜 ベアリング・メサイア》]]

―グレード3
-[[《イディアルエゴ・メサイア》]]
-[[《オルターエゴ・ネオ・メサイア》]]
-[[《オルターエゴ・メサイア》]]

―グレード2
-[[《アレスター・メサイア》]]
-[[《アローザル・メサイア》]]
-[[《ミィーガー・メサイア》]]
-[[《メタレイア・メサイア》]]

―グレード1
-[[《アスリープ・メサイア》]]
-[[《ヴィラストス・メサイア》]]
-[[《デュナミス・メサイア》]]
-[[《サクリファイス・メサイア》]]

―グレード0
-[[《ネオンメサイア》]]
-[[《ネオンメサイア・アウリオン》]]

―トリガーユニット
-[[《ブリンクメサイア》]]

***―― [#other]
***無所属[#other]
―Gユニット
-[[《ハーモニクス・メサイア》]]

**関連リンク [#link]
-[[《綻びを閉じる光 レディヒーラー》]]
-[[《創世竜 インテグラル・メサイア》]]
-[[《創世竜 ハーモニクス・ネオ・メサイア》]]
-[[《創世竜 バサルティス・メサイア》]]
-[[《イディアルエゴ・メサイア》]]
-[[《オルターエゴ・ネオ・メサイア》]]
-[[《磁気嵐のレディボンバー》]]
-[[《質量転移のレディフェンサー》]]
-[[《鉄星の黒弾 フォトスフィア》]]
-[[《ミィーガー・メサイア》]]
-[[《ヴィラストス・メサイア》]]
-[[《定常宇宙の祈り子》]]
-[[《ネオンメサイア・アウリオン》]]

-[[種族]]

-[[用語集]]


----


*メサイア/Messiah [#top2]
 [[カード名]]に「メサイア」を含む[[カード群]]。

 [[《創世竜 トランスエルス・メサイア》]]や[[《アレスター・メサイア》]]の[[要件]]を満たしたり、[[《デスティニー・ディーラー》]]、[[《ネオンメサイア》]]の[[自動能力]]の[[効果]]で、[[山札]]から[[手札]]に加えることができる点でのみ共通する[[カード群]]であるため、[[ハーツ化>ハーツ]]することができない[[カード]]や[[グレード]]3以上でない[[カード]]はこの[[カード群]]には含まれない。
 [[《創世竜 トランスエルス・メサイア》]]や[[《アレスター・メサイア》]]等の[[要件]]を満たしたり、[[《デスティニー・ディーラー》]]、[[《ネオンメサイア》]]等の[[自動能力]]の[[効果]]で、[[山札]]から[[手札]]に加えることができる点でのみ共通する[[カード群]]であるため、[[ハーツ化>ハーツ]]することができない[[カード]]や[[グレード]]3以上ではない[[カード]]はこの[[カード群]]には含まれない。

 こちらの[[リアガード]]を[[呪縛]]したり、[[呪縛カード>呪縛]]を[[解呪]]することを起点に様々な[[アドバンテージ]]を得る戦術を得意とする。

-属するカードは、[[《ハーモニクス・メサイア》]]を除き、[[ロイヤルパラディン]]か[[リンクジョーカー]]で統一されている。
---設定上においては[[ロイヤルパラディン]]に属する[[《メサイアニック・ロード・ブラスター》]]以外の[[カード]]は、創世神[[《ハーモニクス・メサイア》]]の別の姿、あるいはその分身とされている。
--余談であるが、[[《ハーモニクス・メサイア》]]は旧シリーズでは特定の国家とクランに属さない[[カード]]となっていたが、新シリーズでは[[スターゲート]]と[[リンクジョーカー]]に属する[[カード]]となっている。
-サポートカードは[[スターゲート]]及び[[ブラントゲート]]の[[リンクジョーカー]]で統一されている。
--設定上では、創世の竜神[[《ハーモニクス・メサイア》]]が変化した別の姿、あるいはその分身とされている。
--[[《ハーモニクス・メサイア》]]は、旧シリーズと新シリーズでカードの所属([[国家]]と[[クラン]])が異なり、前者は特定の国家とクランに属さない[[カード]]、後者は[[スターゲート]]と[[リンクジョーカー]]に属する[[カード]]となっている。

-その他の[[カード群]]と異なり、指定する文字列と完全に一致する[[種族]]が存在する珍しい[[カード群]]である。

-アニメにおいては「カードファイト!! ヴァンガードG」の[[伊吹コウジ]]がこの[[カード群]]のサポートを扱う[[デッキ]]を使用している。

**関連カード(overDressシリーズ) [#overdress_card2]
―カード名に「メサイア」を含むカード
-[[《創世竜 アムネスティ・メサイア》(Dシリーズ)‎ ‎]]
-[[《創世竜 エクセリクス・メサイア》(Dシリーズ)‎‎]]

-[[《オルターエゴ・メサイア》(Dシリーズ)‎]]

―「メサイア」を含むカードに関する能力を持つカード
-[[《創世竜 エクセリクス・メサイア》(Dシリーズ)‎‎]]

-[[《アレスター・メサイア》(Dシリーズ)‎ ‎]]
-[[《アローザル・メサイア》(Dシリーズ)‎‎]]

-[[《サクリファイス・メサイア》(Dシリーズ)]]
-[[《デスティニー・ディーラー》(Dシリーズ)]]
-[[《ハービッグ・クロー》]]

―「メサイア」を含むカードに関する能力を持つクレスト
-[[《オルターエゴ・メサイア》(クレスト)]]

―「メサイア」を含まないカードに関する能力を持つクレスト
-[[《オルターエゴ・メサイア》(クレスト)]]

**関連カード(新シリーズ) [#new_card2]
―カード名に「メサイア」を含むカード
-[[《メサイアニック・ロード・ブラスター》(グレード3)]]

-[[《オルターエゴ・メサイア》(フォース)]]
-[[《ハーモニクス・メサイア》(ノーマルユニット)]]
-[[《ブリンクメサイア》(Vシリーズ)]]
-[[《”Perfectus”・メサイア》]]

―「メサイア」を含むカードに関する能力を持つカード
-[[《”Perfectus”・メサイア》]]

-[[《黒色矮星のレディバトラー》(Vシリーズ)]]
-[[《質量転移のレディフェンサー》(Vシリーズ)]]

**関連カード(旧シリーズ) [#card2]
―カード名に「メサイア」を含むカード
-[[《メサイアニック・ロード・ブラスター》]]

-[[《創世竜 アムネスティ・メサイア》]]
-[[《創世竜 インテグラル・メサイア》]]
-[[《創世竜 エクセリクス・メサイア》]]
-[[《創世竜 ジャッジメント・メサイア》]]
-[[《創世竜 トランスエルス・メサイア》]]
-[[《創世竜 ハーモニクス・ネオ・メサイア》]]
-[[《創世竜 バサルティス・メサイア》]]
-[[《創世竜 フラジオレット・メサイア》]]
-[[《創世竜 ベアリング・メサイア》]]

-[[《イディアルエゴ・メサイア》]]
-[[《オルターエゴ・ネオ・メサイア》]]
-[[《オルターエゴ・メサイア》]]

-[[《ハーモニクス・メサイア》]]

―「メサイア」を含むカードに関する能力を持つカード
-[[《創世竜 トランスエルス・メサイア》]]

-[[《アレスター・メサイア》]]

-[[《サクリファイス・メサイア》]]
-[[《デスティニー・ディーラー》]]

-[[《ネオンメサイア》]]

-[[《ブリンクメサイア》]]

―「メサイア」のサポートを扱うデッキ
-[[【メサイア】]]

**関連リンク [#link2]
-[[《アスリープ・メサイア》(Dシリーズ)‎]]
-[[《ネオンメサイア》(Dシ‎リーズ)]]‎‎

-[[《ネオンメサイア》(Vシリーズ)]]
-[[《ブリンクメサイア》(Vシリーズ)]]

-[[《アローザル・メサイア》]]
-[[《ミィーガー・メサイア》]]
-[[《メタレイア・メサイア》]]
-[[《アスリープ・メサイア》]]
-[[《ヴィラストス・メサイア》]]
-[[《デュナミス・メサイア》]]
-[[《ネオンメサイア・アウリオン》]]

-[[カード群]]