【トップアイドル リヴィエール】 節を編集

概要 節を編集

 《トップアイドル リヴィエール》を主軸としたデッキ。

 ギミックを全て成功させればノーマルライドでの手札減りが帳消しという、見返りが大きい連携ライドが特徴。
 更に《トップアイドル リヴィエール》能力効果だけなら《ソウルセイバー・ドラゴン》と同等というのも目を引く。

 ただし、こちらはアタックヴァンガードヒットした時に誘発する能力であるため、詰めの場面で放つというより、ダメージゾーンが3~4枚から一気に追い上げるという使い方しかできない。
 ヴァンガードからアタックした方が都合の良い場面が多くなる為、ペルソナブラストとの関係上だけで言えばスタンドトリガーが採用しづらい。

 【バミューダ△】ドロー手段が豊富なデッキの為、ペルソナブラストを確保しやすいというのは大きな利点と言える。
 一方で低パワーユニットドローを行うより、パワーラインをしっかり築いた方が自動能力効果が活かされ、扱いやすくなるというジレンマも存在する。
 そのため、【バミューダ△】でありながら基本的にはリアガード手札に戻すギミックよりもパワー重視の採用が中心となる事も多く、テクニカルなデッキが多い【バミューダ△】の中では異色のデッキと言える。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 その他の【バミューダ△】と比べると、枚数的なアドバンテージを稼ぐ事がそれほど得意ではない。
 その為連携ライドに失敗すると、展開力が下がり、防御力も下がりと、攻防共に満足な枚数を用意できなくなってしまう。

 また、連携ライドカードメインデッキコストがかなり圧迫され、その他のギミックに関連するカードが採用しづらく、良くも悪くもリアガードの性能が平均レベルを脱しない為、ガードのタイミング等を考えていかないとただユニットを並べ立てて単調にアタックを繰り返すだけとなってしまう。
 地力の高いデッキと正面対決になってしまうと、それが露呈して押し負けてしまうので、緩急をつけたしっかりとしたプレイングを心掛けたい。

 類似した能力を持つ《ソウルセイバー・ドラゴン》に比べ誘発するタイミングがバトルフェイズ中であるため、リアガードを無理に守らなくてもいいのは長所ではある。

関連リンク 節を編集