軍竜(ぐんりゅう) ラプトル・カーネル】 節を編集

概要 節を編集

 《軍竜 ラプトル・カーネル》を主体とした【たちかぜ】

 《軍竜 ラプトル・キャプテン》《軍竜 ラプトル・サージェント》能力【たちかぜ】では貴重なリアガードをノーコストでスペリオルコールを行うことができ、それらは《軍竜 ラプトル・カーネル》能力コストになるだけでなく、速攻に使用することもできる。

 また、《軍竜 ラプトル・カーネル》能力誘発タイミングはヴァンガードアタックした時=ドライブチェックを行う前である。
 これを利用することで、《怒竜 ブラストザウルス》《城塞竜 ブラキオキャッスル》等をコストにすればデッキ圧縮を行った上でドライブチェックを行う事が可能となる。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 《軍竜 ラプトル・カーネル》まで順調にライドできればリアガードも充実し、バランスの良い戦い方ができるデッキだが、《翼竜 スラッシュプテラ》などのパワー増加を併用しないとリアガードパワーが控えめになる。
 しかし、パワー+3000という上昇値では、安定して供給できるのならともかく焼け石に水である場合が多い。
 また、《軍竜 ラプトル・カーネル》リアガードを消費し、なおかつリアガード2枚をの退却を要求している為、ディスアドバンテージを軽減しないカードを多く採用しすぎると戦線が維持できなくなる為、依存するのは危険。

 また、【たちかぜ】では耐性があると思われがちなリアガード狙いも、このデッキではやられると厳しい場合がある。
 というのもこのデッキの要である《軍竜 ラプトル・カーネル》が軽いとはいえカウンターブラストを消費する為、通常ではディスアドバンテージ軽減のみに集中できるコスト管理が、攻撃面の事も考慮にいれなければならないからだ。

 《軍竜 ラプトル・カーネル》自動能力で極端に高いパワーを得ることが可能なので、このデッキと戦う場合は守護者を保持しておくか、ダメージゾーンへのカードの蓄積を適度に抑えておきたい。
 《軍竜 ラプトル・カーネル》自動能力コストに都合の良いグレード3と《翼竜 ビームプテラ》等がいる縦列を崩しておく、というのも地味に痛手となる。
 

関連リンク 節を編集