藤四郎(とうしろう) 節を編集

概要 節を編集

 「一期一振」、「藤四郎」のカードとその派生のカード群、「鳴狐」、「五虎退」のカードと、非常に多くのカード群のサポートを利用する【刀剣乱舞】

 「一期一振」のカードグレード3以上のカードが中心で、「藤四郎」と「五虎退」のカードグレード1以下のカード中心、そして「鳴狐」のカードは全てグレード2で構成されている。

 「一期一振」のカードはいずれも「藤四郎」のカードに関する能力を持っているため、このデッキの中核となるカード群といえる。
 「藤四郎」のカードはその多くが「一期一振」や「藤四郎」のカードに関する能力を持っており、メインアタッカーからサポート要員と多くのカードが存在する。
 「鳴狐」のカードは全てグレード2のカードであり、《鳴狐 -花丸-》以外は能力によるバトルフェイズ中のスペリオルコールをする点で共通しており、疑似スタンドを狙うことが出来る。
 「五虎退」のカード守護者《五虎退 特》の他はヒールトリガーバニラのみとなっているが、ヒールトリガーには「藤四郎」のカードである《厚藤四郎 特》が存在するため、基本的には《五虎退 特》を使用する際にかかわってくるカード群といえる。

  • 余談だが、採用されるカードのキャラクター達の元となる刀剣の製作者である刀匠たちの一派の名前から、このデッキは【粟田口(あわたぐち)】と呼ばれることもある。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 「一期一振」のヴァンガードと「藤四郎」のリアガードの連携をデッキの中核としているため、「藤四郎」のリアガード退却させる等して削ることで容易に対策することができる。
 しかし、《一期一振 -花丸-》《薬研藤四郎 -花丸-》のようなスペリオルコールを行う能力を持つカードも存在するため油断はできない。

関連リンク 節を編集