究極生命体(きゅうきょくせいめいたい) コスモロード】 節を編集

概要 節を編集

 コストリアガードレストすることでパワーを増やす能力を最大限に生かす【ノヴァグラップラー】
 レストしたリアガードを如何に処理するかが構築のカギ。

 当初時は相性のいいカードも少なく構築は困難だったが、コミックスタイルvol.1双剣覚醒での追加カードによってコストによる損失を補えるカードが増えたため、以前よりも安定したゲーム展開が可能となった。

 さらに剣牙激闘で追加された「メインフェイズ中にスタンドする能力」を持ったカードによって独自の動きを得た。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0
 自身がリアガードサークルから離れる起動能力を持つカードに関しては、《究極生命体 コスモロード》コストレストしてから能力を使用すると無駄がない。

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 スタンド状態がよりパワーに直結するためメガコロニースタンド封じが弱点となりやすく思われるが、前列リアガードスタンドが封じられても、後列《究極生命体 コスモロード》起動能力コストに利用できるため、他のデッキに比べて、若干ではあるがスタンド封じに強い。

 逆にスタンド状態で放置されることもあるため暗躍能力《ステルス・ミリピード》等の対策になりうる場合もある。

 レスト要員としてグレード0を残している場合があるため、かげろう《ガトリングクロー・ドラゴン》の餌食になったり、《シュティル・ヴァンピーア》ヴァンガードサークル移動させられてしまう点などには注意したい。

 またボードの数も重要なため、【ロイヤルパラディン】と似たような弱点を持つ。
 こちらは展開力がないのでフォローが《騎士王 アルフレッド》軸よりも厳しい。

 更に過剰にパワーを上げたところに守護者を使われると全てが無駄になってしまう。
 手札の確認をした上でタイミングを見計らって使用するか、強力な闘魂能力を複数回誘発させたリアガードを用意しておきたい。

 《究極生命体 コスモロード》パワー10000なので《ライトエレメンタル ピーカ》を採用しないと防御力が高くないのも難点。

関連リンク 節を編集