白竜(はくりゅう)騎士(きし) ペンドラゴン】 節を編集

概要 節を編集

 スペリオルライド誘発する《白竜の騎士 ペンドラゴン》を主軸とした【ロイヤルパラディン】

 通常ディスアドバンテージが発生する再ライドという行為を、不確定ながらノーリスクで行える。

 デッキ圧縮登場能力誘発ソウルの増加といくつかの特性を合わせ持つため、汎用性が高い。

 《白竜の騎士 ペンドラゴン》自体は単純なパワー増加能力ライドのセカンドチャンス能力を持つだけなので、組み合わせるグレード3のカードによって大きく変わる。

 スペリオルライドリミットブレイクの制限があるため誘発させられるタイミングがかなり遅く、基本的に組み合わせ相手はフィニッシャー向きの能力を持ったカードが妥当だろう。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

大まかなタイプ別構築について 節を編集

 デッキ圧縮が出来ればどのようなデッキでも構わないため、以下のような派生軸がある。

このデッキの弱点 節を編集

 基本的には運任せのデッキ
 《白竜の騎士 ペンドラゴン》スペリオルライド出来なければ致命的。

 その確率を高めるべくスペリオルコールの多用によるデッキ圧縮に特化しているため、回らないときはとことん回らない。

 ただその分、山札トリガーユニットの比率の向上、スペリオルライドを除外した場合の安定性、《すのうがる》による速攻性、展開補助と優れた点は多く、決して侮って良い相手ではない。

関連リンク 節を編集