星辰の癒し手(コスモヒーラー) エルゴディエル】

概要

 《星辰の癒し手 エルゴディエル》主軸に据えたデッキ。

 通常ではヒールトリガーでしか成しえない回復を、能力によって狙っていく。

 如何に相手ヴァンガードに、コストを確保した状態の《星辰の癒し手 エルゴディエル》アタックヒットさせるかが、このデッキにおけるアイデンティティと言えよう。

 注意点としては、他の【エンジェルフェザー】と違い、「第2の手札」とも言えるダメージゾーンを削る為、その構築は特殊なものとなる。

 また、他の同型連携ライドと比べ、連携ライド成功時に発生するアドバンテージが枚数的なものには直結していない点は、留意しておきたい。

構築について

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

トリガーユニットの構成について

 《星辰の癒し手 エルゴディエル》能力相手ダメージゾーンが3枚以下、多くとも4枚以下でないとアタックヒットさせ発動させる事が難しい為、クリティカルトリガーとは相性が良いわけではない。
 しかし、《星辰の癒し手 エルゴディエル》能力ガード強要と捉えれば、相手シールドを消費させることでクリティカルトリガー効果を与えられたリアガードアタックが通りやすくなるとも考えられる。

 一方でアタックヴァンガードヒットした時能力誘発を狙ってヴァンガード《星辰の癒し手 エルゴディエル》からアタックしたい為にスタンドトリガーとの相性も良いわけではない。

 ドロートリガーコストペルソナブラストを確保するためにも採用しておきたい。

 また、いくら能力による回復が期待できると言ってもそう都合の良い状況にはならないので、ヒールトリガーも採用しておくべきだろう。

このデッキの注意点

 他の【エンジェルフェザー】と違い、全ての縦列においてパワーの上昇がそれほど期待できず、回復という効果の性質も含め、極めて守備的なデッキと言えよう。

 元々、フィールド手札等の目に見えるカードアドバンテージが稼ぎにくい【エンジェルフェザー】において、パワーの上昇が期待できないのは厳しいと言わざるをえず、少ない手数を少しでも増やせるスタンドトリガーや、純粋に手札が増やせるドロートリガーは積極的に採用したい。

 また、通常では難しい事が行える回復能力は一見すると強力に見えるが、やっている事は手札アドバンテージ1枚と引き換えである事はきちんと意識しておきたい。

 防御に使えないグレード3のカードの1枚消費で相手ユニットアタック1回をスルーできると考えるか、貴重な手札交換コストを消費していると考えるかは、人それぞれといったところ。

関連リンク