影縫(カゲヌイ) 節を編集

概要 節を編集

 影縫能力やそれに関するサポートを利用する【むらくも】

 基本的な戦い方は他の【むらくも】と同様、1ターン限定で同名のカードを分身のような時限誘発付きのスペリオルコールというフィールドアドバンテージの水増しをする事によって、一時的な山札の圧縮と展開による手札の損耗の抑えを同時に行い、そして後列からのアタックによるバトル回数の水増しも行うという、防御主体手数重視の長期戦術だが、そこに搦め手としてヴァンガードアタックしたバトルの終了時に誘発条件が満たされ、アタックヒットしなかったら要件が満たされる影縫能力が加わっている。

 攻撃性能としては単純なカードアドバンテージの獲得性能自体が高くないものの展開力は全クランから見ても一線級という、少し特殊な特性を持っている。
 その一方で同クランの他テーマデッキと同様にパワーの上昇率が控えめであり、更にジェネレーションブレイク能力持ちも少なくない為そのテンポの悪さも相まって、文字通りの火力不足感が否めない。更にコストを消費して確保したバトル回数にしてはヒットが期待しづらく、純粋なダメージレースという観点からは他クランと比較してもコスト効率があまり芳しくない。
 が、この「水増ししたユニットアタックヒットしにくい」という特性を逆手に取って影縫能力誘発条件要件を満たす事によって、スペリオルコールによって消費したリソースの回収や、後続のユニットの火力補助を行える為、前述した問題点が解消可能となっており、本来の連撃戦術の強みでもあるガードすればする程重くなるという特性を、更に加速度的に重くさせるという、非常にいやらしい性能に仕上がっており、最終的に最低限パワーアタックでも十分にヒットが狙えるようになっている。
 また、影縫能力というキーワード能力の特性上、早期に展開しても後々からでも能力誘発可能なカードが多くデッキに採用されやすい為、最序盤からの展開に対して抵抗感が持ちにくくなっており、能力を活用する攻撃までのテンポは遅めである事とディスアドバンテージを負うリスク自体は高まるものの、その実速攻戦術自体はとりやすくなっている。

 構築上の注意点としては特に無い。
 強いて言うなら「ヤスイエ」関連カード影縫能力と親和性が高い為、構築の際参照すると良いだろう。

 総じて、火力面にやや不安要素はあるもの一度相手を、ガードし続けなければならない状況に追い込んだ時の制圧力は一級品のデッキと言えよう。

構築について 節を編集

影縫能力を持つカード 節を編集

-Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

-グレード0

-トリガーユニット

影縫能力を持たないカード 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

関連リンク 節を編集