【レオパルド】 節を編集

概要 節を編集

 「レオパルド」と《学園特務捜査官 レオパルド・チェイサー》を中心とした【グレートネイチャー】

 リアガードターンの終了時の時限誘発での退却後、スペリオルコールする能力に長けたている。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 右か左の縦列1つのパワーは極端に上昇しやすいが、それ以外の縦列は中央列を含めて平均値に収まりやすい。
 ヴァンガードによる相手トリガー効果1枚分ガードを突破しようとする戦術的理由も無い為、極端に強化された縦列1つに守護者Gガーディアンを合わせられたり、余裕のある状態であえてダメージを受ける事で、シールドの消費が抑えられてしまう。

 また、展開力そのものは悪くないのだが、本格的にアドバンテージを稼ぎ始めるのはリミットブレイクが有効になってからなので、ややタイミングが遅い。
 それ以前は《ぐるぐるダックビル》を1枚のリアガードに複数掛けでもしない限り、せいぜい手札交換程度に収まってしまう。
 ダメージゾーンの3枚止めをされてもリミットブレイクを有効する為に《ペイント・オッター》は採用しておいた方が安心。

 また、他の【グレートネイチャー】と違い、ヴァンガードだけでもある程度ギミックとして成立している為、少数の退却能力には強い。
 しかし、大量のリアガード退却されてしまってはさすがにまずいので、キーカードはギリギリまで温存しておくのが得策だろう。

関連リンク 節を編集