【ビッグバンナックル】 節を編集

概要 節を編集

 「ビッグバンナックル」を中核とした【喧嘩屋】

 ヴァンガードが1回のアタック相手の複数枚のユニットバトルを行い、ヒット回数稼ぎを起点として後続のパワーを高めるというのが基本的な狙いとなる。

 バトルによる退却なので他の【なるかみ】が苦手としていた抵抗を無視していけるのは大きな強み。
 【喧嘩屋】と比べて《真・喧嘩屋 ビックバンナックル・ターボ》の存在から双闘関連の能力を利用しにくい反面、双闘関連のギミックへの依存度の低さからGユニットを利用しやすいという面もある。

 《真・喧嘩屋 ビックバンナックル・ターボ》と「ビッグバンナックル」のカードの弱点を補完する関係にある《征天覇竜 コンクエスト・ドラゴン》の存在から、ほぼ全てのデッキに対して有利に立ち回ることができる。

 序盤から高い攻撃性能を誇る前列ユニットで攻勢をかけつつ、逆に低コスト退却能力相手の物量を削いでいくのが基本戦術になる。

構築について 節を編集

キーカード 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―トリガーユニット

「喧嘩屋」のカード 節を編集

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

「喧嘩屋」以外のカード 節を編集

―グレード1

―グレード0

このデッキの弱点 節を編集

 基本的に相手リアガードバトルでの退却が攻めの起点となるため、肝心のバトル相手がいないと持ち味が生かしづらい。

 【むらくも】【スパイクブラザーズ】等のように前列リアガードがいなくなりやすいデッキ等は多くのカード能力が腐り気味になるためもあまり得意ではない。
 総じて相手リアガードがこちらのターン中にいなくなりやすいデッキは出鼻を挫かれ易い傾向にある。
 とはいえ、それを逆手に取った《征天覇竜 コンクエスト・ドラゴン》の様な存在もあるので油断は禁物である。

 【かげろう】のように逐一退却させていくのではなく、完成した相手フィールドを一気に崩すことが持ち味の為、相手の戦線が整うまでこちらもうまく動けないということになりやすい。

関連リンク 節を編集