【ノーブル】 節を編集

概要 節を編集

 リアガードサークルにある2枚目以降の枚数を参照する効果を持った《金剛雷帝 インドラ》《風魔天神 ヴァーユ》《乱神咆哮 ルドラ》、それらをサポートする能力を有する《千の名を持つ飛竜騎士》を軸とした【なるかみ】

 どれを主軸に添えても、課題となるのは特定のカードリアガードサークルに用意することといえる。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 このデッキの弱点として、退却呪縛に非常に弱い点が挙げられる。

 そのような能力を多用するデッキ相手の場合、能力を使用するターンまでリアガードサークルになるべく主軸しているグレード3のノーブル《千の名を持つ飛竜騎士》を出さないことで被害を抑えておくことができる。
 ただし【ぬばたま】の場合は下手に手札に保持していると、ドロップさせられる場合もあるので注意。

 また、能力でなくともアタックによる退却を抑えるためにあえて後列ノーブルコールすることも考えられる。

関連リンク 節を編集