【ドラゴニック・ロウキーパー】

概要

 《ドラゴニック・ロウキーパー》を主軸とした【かげろう】

 起動能力によって相手リアガードエンドフェイズ開始時まで全てバインドすることができ、相手リアガードの枚数を参照するカードとの相性が良い。

 また低コストであるため、他の退却能力持ちを採用する余地が大きいのも特徴。

 起動能力を使用した際にはインターセプト《すれいみー》等を封じているのとほぼ同義である為、いかに序盤からガード強要を行い相手の手札を削れるかが肝となる。

構築について

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点

 エンドフェイズ開始時には相手バインドゾーンからスペリオルコールをさせてしまうため、リアガードサークル登場した時に誘発する能力を持つカードが存在すると、その能力を再利用する機会を与えてしまうといった独特の弱点がある。

 これらのカードが存在する場合、《バーサーク・ドラゴン》などで退却させた上で起動能力を使用する必要がある。

 特に注意すべきカードはこのようなものがある。

 その他《ブラスター・ブレード》《宝石騎士 ぷりずみー》《ハイドッグブリーダー アカネ》なども脅威になり得る。

 また主軸となるカード元々のパワー10000のカードなので防御に乏しいのも難点。
 《ライトエレメンタル ピーカ》で補いたい。

関連リンク