【ドラゴニック・オーバーロード “The Яe-birth(ザ・リバース)”】 節を編集

概要 節を編集

 《ドラゴニック・オーバーロード “The Яe-birth”》主体とした【オーバーロード】

 起動能力コスト呪縛カードを5枚以上とすることでバトルの結果に依存しない再スタンド能力を得る《ドラゴニック・オーバーロード “The Яe-birth”》を軸としたタイプ。

 少ないカウンターブラストで得られる高パワーヒットに依存しない再スタンド能力は強力。

 加えて《ドラゴニック・オーバーロード》《リザードソルジャー ファーゴ》等で能力を与えておくことで、強烈なガード強要能力とゲームエンド性能の両立が実現できる。
 要件の都合上、リアガードを5枚揃えればよい為、《カラミティタワー・ワイバーン》ドロートリガーなどのアドバンテージを稼ぐカードとは、カード1枚の重みという点で他のタイプよりも相性が良い。

 【オーバーロード】の中でも消耗狙いではなく、強引にゲームエンドを狙いに行けるタイプのスタンド能力であり、ヴァンガードパワーを上げるようなサポート系のカードを多く採用していても戦線に支障が出にくいなど、リアガードの質を問わないでよいという点は、純粋なアドバンテージを稼ぐのが苦手な【かげろう】系のデッキにおいて、これは十分な強みと言える。
 また、《ドラゴニック・オーバーロード “The Яe-birth”》起動能力で要求されるカウンターブラストが軽量で済む点からしても、リアガードカウンターブラストを活用したサポートがしやすい為、「ヴァンガードの一点集中強化に特化した軸」と言えよう。

 一方でスタンドトリガーによる不意打ちが狙えないという特性や、《ドラゴニック・オーバーロード》のサポートがなければバトル回数自体は減少する為、守護者で止められやすいという欠点を孕んでいる。

 しかしながら、逆に言えば相手守護者を確保できていない状態でのゲームエンド率はかなり高い事を裏付けていおり、そのコンボ性からして、派手で豪快な闘い方のデッキである。

 クロスブレイクライドでのフィニッシュに失敗した場合には、Gユニットに切り替えて立て直しを図りたい。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 まず一つ挙げられるのが速攻を行える相手と相性が悪い点。

 対策としてはいかに相手に展開力の源となるカウンターブラストコストを与えないように、ガード強要や丁寧なリアガード潰しによって、どれだけ序盤からカード枚数を削って行けるかが鍵となる。

 速攻への対策が非常に重要だが、【かげろう】は元々展開力に乏しく、この軸はそれに輪をかけて展開に時間がかかる。
 よって速攻に対応すること自体が難しく、《ドラゴニック・オーバーロード “The Яe-birth”》ライドするまでにダメージゾーンの枚数差を開かれ過ぎ、そのまま追い付けず敗北することが多い。

 また、他の【かげろう】よりカウンターブラストを消費する退却ギミックが採用し辛いのもネック。

 クリティカルトリガー主体の相手ならダメージゾーンが4枚で留まる事も珍しくない。
 そうなったら使えるのはわずかカウンターブラスト(1)と、採用できるカード能力の使用回数等、非常に限られてくる。

 《ドラゴニック・バーンアウト》《リザードソルジャー ファーゴ》等といったカウンターブラスト使わずに退却が行える専用サポートを利用することである程度は対処が可能。

 また、《星輝兵 “Ω” グレンディオス》《星輝兵 ブラスター・ジョーカー》等に対してはは少々分が悪い。
 最低でもリアガードを1枚でも確保できれば問題なく、呪縛コスト不足を考えなくて良いという点は良いのだが、相手《星輝兵 “Ω” グレンディオス》《星輝兵 ダークゾディアック》能力が使用された次のターンが問題となる。
 まず、コスト呪縛したカードが全て解呪されないため、2ターン後の利用はできなくなる。
 最悪、次のターン《星輝兵 “Ω” グレンディオス》能力要件の手助けして敗北に繋がる。
 そのため、フィニッシュを狙える状況下以外では、相手起動能力を使用しなかった次のターンしか使えないことになる。
 《星輝兵 ブラスター・ジョーカー》の場合は起動能力リアガードを5枚呪縛されてしまうと、その次のターンには起動能力コストを払うことすらできなくなる。

関連リンク 節を編集