【ダッドリー】 節を編集

概要 節を編集

 「ダッドリー」のカードとそのサポートを扱う【スパイクブラザーズ】

 「ダッドリー」のカードにはリミットブレイクシークメイト超越スキルと様々なタイプのキーワード能力持ちが揃っており、ほとんどのタイプが他の【スパイクブラザーズ】と同じく1ターンに強烈なラッシュを仕掛ける好戦的な戦術を得意とする。

 「ダッドリー」のカードとの親和性が高いが、必須というわけでもないため「ダッドリー」以外のカードを採用してもあまり支障がないほど構築の自由度が高いのも特徴。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―「ダッドリー」のグレード3

―「ダッドリー」以外のグレード3

―「ダッドリー」のグレード2

―「ダッドリー」以外のグレード2

―「ダッドリー」のグレード1

―「ダッドリー」以外のグレード1

―「ダッドリー」のグレード0

―「ダッドリー」以外のグレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 基本的な弱点は他の【スパイクブラザーズ】と同様だが、《大戦士 ダッドリー・ジェロニモ》を使って耐え切られてしまう場合、後列リアガードも失っている可能性も高く体勢の立て直しがより難しい。
 そうなった場合《嗜虐王 ダッドリー・カリギュラ》《大悪党 ダーティ・ピカロ》超越し、リアガードの補充を行うようにしたい。

 しかし、いずれもコスト手札を要求するため手札ドロップせずに「ダッドリー」のGユニット超越できる《ダッドリー・ジェッター》アタックは控えてブーストバトルに参加させる等してリアガードサークルに残して置きたい。

関連リンク 節を編集