【シラユキ】

概要

 「シラユキ」を主体とした【むらくも】

 《淡雪化粧 シラユキ》前列要員を水増しつつ、手札《夢幻の風花 シラユキ》を確保し、相手ターン《夢幻の風花 シラユキ》能力を確実に狙うデッキ

構築について

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点

 基本的に攻めはGユニット、守りはリミットブレイクの有効化とペルソナブラストを要求する《夢幻の風花 シラユキ》自動能力に依存するため、そのどちらかを止められると辛い。
 具体的には5〜6ターン目でのノーマルライドを見送る戦術やクリティカルの増加を利用したダメージゾーンの増加を3枚以下に抑える戦術等がそれに相当することになるだろう。
 Gユニット超越を阻止されると《淡雪化粧 シラユキ》での2枚目以降の《夢幻の風花 シラユキ》の調達が行えなくなるので、守りにも影響が出てくることが懸念される。

 とはいえ、これらを同時に行われることは少ないのでGユニット超越を阻止されたのなら《隠密魔竜 カグラブルーム》《忍妖 オボロカート》前列を揃える攻め方に切り替え、リミットブレイクの有効化を阻止されたのであれば《忍妖 コナユキ》で有効化してやる等、それぞれ対応の使用はある。

 また、手札ドロップバインドが狙ってくる【ぬばたま】はかなり厄介。
 手札に保持している《夢幻の風花 シラユキ》ドロップまたはバインドさせられ、《夢幻の風花 シラユキ》能力が使えなくさせられてしまう可能性があるので注意しておきたい。

関連リンク