【クロノファング】 節を編集

概要 節を編集

 「クロノファング」のサポートを利用する【ギアクロニクル】

 基本的には他の【ギアクロニクル】と同様にジェネレーションブレイク能力を主体としたデッキ

 特徴としては効果コスト等でカードバインドしてバインドゾーンカードを蓄積しつつ、それらのカードを更にスペリオルコールする等してアドバンテージを稼ぐという、カードアドバンテージコスト効率が非常に高い点が挙げられる。
 また、時翔能力によるタイムリープを擁する【ギアクロニクル】ではバインドゾーンの利用自体は特に珍しくないものの、タイムリープによる時限誘発付きのバインドものと異なり、意識的にバインドゾーンに干渉しなければバインドゾーンカードが蓄積されたままになる永続性がある事も大きな差異点となる。

 攻撃性能としては永続的にバインドゾーンの枚数を稼ぎやすい為に《時空竜 バインドタイム・ドラゴン》《クロノタイガー・リベリオン》の性能をフルに発揮させやすい事からGユニット、つまりヴァンガードの火力を大幅に獲得しやすく、非常に重い一撃が大きな強みとなる。
 リアガードに関してもある程度の展開力とパワー補助能力を備えており、また【クロノジェット】程直接的ではないものの時翔能力によるタイムリープ十二支刻獣とシナジーがある為、全体的に優秀な性能を持っていると言える。

 プレイング上の注意点として、基本的にアドバンテージを稼ぐ際にはバインドゾーンカードを消費する必要があるが、そうするとバインドゾーンの枚数を参照するカードが使いにくくなる為、通常のコスト管理に加えバインドゾーンにも常に注意を払う必要がある事が挙げられる。

 構築上の注意点としては特に無い。
 強いて言うなら、前述したようにバインドゾーンカード枚数を一時的に水増しできる時翔能力の搭載や、関連カードの大半を除いた「クロノファング」のカードがいずれも十二支刻獣に属していてシナジーが期待されるため【十二支刻獣】を参考にする、といった事をすると良いだろう。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 《クロノファング・タイガー》永続能力の存在から《刻獣 リボルバー・ドラコキッド》の枠を他のカードに回しやすいがそうした場合の弊害として、《クロノファング・タイガー》永続能力が有効でない状況における、ノーマル超越コスト確保がやや不安定になりやすい。

 Gユニット超越し続けることが前提となるデッキなので、《ガンナーギア・ドラコキッド》《タイムピース・ドラコキッド》等の《クロノファング・タイガー》の確保手段を用意したり、《超刻龍 オルタード・ドラゴン》グレード2以下のギアコロッサス十二支刻獣を入れる等して可能な限り防止しておきたい。

関連リンク 節を編集