【イニグマン・レイン】 節を編集

概要 節を編集

 《イニグマン・レイン》を主軸とした【ディメンジョンポリス】

 基本的には他の【ディメンジョンポリス】と同様で、ヴァンガードへのパワー集中一点突破型のデッキ

 特徴としては《イニグマン・レイン》が得るスタンド能力であり、特に相性の良い《ミラクル・ビューティー》とのコンボが基本戦術となる。

 基礎的な攻撃性能及び防御性能としてはディメンジョンポリスとしては最低限レベルであり、特別優れているという点は無い。

 しかしながら《イニグマン・レイン》《ミラクル・ビューティー》2枚に《コマンダーローレル》を絡める事によって、バトルフェイズ中に2回のヴァンガードスタンドが狙え、更にスタンドトリガーが絡めばそれ以上のヴァンガードスタンドが見込める等、成立さえすれば非常に高い殺傷性を誇る派手なコンボとなる。
 このコンボの難点としてはアタックヒット要件である事、カードアドバンテージ獲得性能が高く無いにも関わらず特定のコンボパーツ3枚を手札に準備する必要がある等、不確定要素が多く、お世辞にも安定しているとは言えない。

 総じて、カードゲームにおける古き良きコンボデッキと言え、それに相応しい派手さと不安定さを兼ね備えたロマンが魅力と言えるだろう。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 《コマンダーローレル》を採用する場合、パワーラインが不安定になることがある。

 《イニグマン・レイン》能力スタンドトリガーと相性の良い《ミラクル・ビューティー》退却させられると能力などを生かしづらくなる。
 そのため相手にする場合は《ミラクル・ビューティー》をなるべく退却させたい。

関連リンク 節を編集