Dr.(ドクター)オングストローム/Dr. Angstrom》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ノヴァグラップラー - エイリアン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)/(R)】【ターン1回】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1),あなたの手札から3枚選び、捨てる] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードすべてを【スタンド】する。
闘魂 - 【自】【(V)/(R)】【ターン1回】【Gブレイク】(1):あなたのカードの効果で、このユニットが【スタンド】した時、そのターン中、このユニットのパワー+5000。

 The GALAXY STAR GATEで収録されたグレード3のノヴァグラップラー

 1つ目の能力は、1ターンに1回、アタックヴァンガードヒットした時にカウンターブラスト(1)と手札から3枚をドロップすることで、リアガードすべてをスタンドするジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 1ターンに1回とジェネレーションブレイク(1)の制限付きとなるが、リアガードすべてのスタンドを狙う強烈なガード強要が行える。
 誘発に成功した場合はリアガードすべてのスタンドと引き換えにカウンターブラスト(1)と手札から3枚をドロップするという少々重めのコストを支払うことになるが詰めのタイミングであれば、左列右列による合計2回の追撃によってフィニッシュにまで繋がりうるのでその消費に十分に見合う働きは見込める。
 後半の能力によって単体でパワー16000となれるので、誘発に失敗した場合でも《メテオカイザー ビクトール》《エナジー・ガール》等でスタンドして複数回に渡ってガード強要による圧力を与えていくのも手である。

 2つ目の能力は、1ターンに1回、あなたカード効果で、自身がスタンドした時にパワー+5000を得る闘魂ジェネレーションブレイク(1)
自動能力

 前半の能力と同様に1ターンに1回とジェネレーションブレイク(1)の制限付きの能力であるが、こちらは自身のパワーの増加が狙える。
 同一ターン中に複数回の誘発はしないのもののそれでもそれでもシールド10000要求が狙える単体パワー16000にはなり、単体でも前半の能力によるガード強要が狙いやすくなる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2483 (2018-01-18)
    Q. 闘魂能力は、スタンドフェイズのスタンドでも発動しますか?
    A. しません。スタンドフェイズのスタンドはルールによるもので、カードの効果ではありません。
  • Q2484 (2018-01-18)
    Q. スタンド状態のユニットを「スタンドする」効果で選んだ場合も発動しますか?
    A. しません。スタンド状態のカードを「スタンドする」効果で選んでも、カードの状態は変わりません。
  • Q3654 (2018-01-18)
    Q. 闘魂能力は、スタンドフェイズのスタンドでも発動しますか?
    A. しません。スタンドフェイズのスタンドはルールによるもので、カードの効果ではありません。
  • Q3655 (2018-01-18)
    Q. スタンド状態のユニットを「スタンドする」効果で選んだ場合も発動しますか?
    A. しません。スタンド状態のカードを「スタンドする」効果で選んでも、カードの状態は変わりません。

収録情報 節を編集

エクストラブースターThe GALAXY STAR GATEG-EB03/044 C イラスト/じんてつ正義が勝つ?違うな、強い者が勝つんだよ!