隠密魔竜(おんみつまりゅう) マガツタイフーン/Covert Demonic Dragon, Magatsu Typhoon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
むらくも - アビスドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【双闘21000】「隠密魔竜 マガツストーム」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【自】【(V)】:このユニットが【双闘】した時、あなたのカード名に「マガツ」を含むリアガードを5枚まで選び、そのターン中、パワー+5000し、【ブースト】を与える。
【起】【(V)】【ターン1回】:[あなたの手札から1枚選び、捨てる] あなたの山札からあなたの(V)にいるユニットと同名のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルし、そのターンの終了時、この効果でコールされたユニットを手札に戻す。

 覇道竜星で収録されたグレード3のむらくも

 シークメイトの指定カードは、ヴァンガードサークルで有効な2つの能力を持つ《隠密魔竜 マガツストーム》

 《隠密魔竜 マガツストーム》起動能力を使うことで、そのターン前列要員を確実に2枚確保することができる。
 《忍妖 コナユキ》を併用してリミットブレイクの有効化を安定させれば速攻性を高められる。
 さらに永続能力によるパワー増加と合わせれば、このカードブーストなしでもパワー25000に達することができるようになる。

 また、コストが不足していたりリミットブレイクが有効でない状況、ハーツ化されている等の理由で起動能力が使えない状態においても、ただ双闘しておくだけで《忍竜 ロワイアルノヴァ》永続能力の有効化を回避しつつ利用できるという利点がある。

 双闘した時の自動能力は、「マガツ」のリアガード5枚までにパワー+5000とブーストを与えるというもの。

 「マガツ」のリアガードすべてのパワーを増やすことができる。
 さらにはグレード2以上であってもブーストが行えるようになるので、「マガツ」の枚数さえ揃っていれば全体的な要求シールド値を爆発的に増加させることができる。

 ただし、タイミングの都合上、《隠密魔竜 マガツストーム》起動能力スペリオルコールされた《隠密魔竜 マガツストーム》は恩恵を受けることができない。
 その他にも、2枚目以降を双闘状態のこのカードライドし、シークメイト双闘すると山札《隠密魔竜 マガツストーム》の枚数に余裕がなくなるという難点もある。
 この能力の安定性と爆発力を重視するなら《隠密魔竜 マガツストーム》起動能力に頼らずに適当な「マガツ」のリアガードを2枚並べた方が要求シールド値は稼ぎやすい。
 ソウルに置かれたこのカード《隠密魔竜 マガツストーム》シークメイトドロップゾーン経由で山札戻す手間も抑えられる。

 起動能力は、1ターンに1回しか使えないが手札に戻るのでディスアドバンテージは発生しないため扱いやすい。
 コストドロップゾーンを増やせるのでシークメイトコスト稼ぎにもなる。
 手札に持て余している2枚目以降や《隠密魔竜 マガツストーム》シークメイトを介して山札に戻す布石とすることもできる。

 スペリオルコールできるのはグレード3の前列要員のみなので、《隠密魔竜 マガツストーム》起動能力と役割が競合する面もある。
 双闘した時の自動能力を併用すれば、後列スペリオルコールしてもブースト役にできるので役割の競合の回避は可能。

 また、この起動能力を使って2枚目以降をスペリオルコールすれば、ターンの終了時の時限誘発で2枚目以降が手札に加わることになる。
 それにより再ライドしての自動能力の再度の使用や、ノーマル超越コストの確保等を確実に行える。

 《隠密魔竜 マガツストーム》起動能力を併用しつつ再度の使用を狙う際には、《番傘の忍鬼 スケロック》等を利用してソウルからこのカード《隠密魔竜 マガツストーム》ドロップゾーンに送り、シークメイトコストにする等してその後のスペリオルコールに差し支えないようにする手段も用意しておくとよい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

代々帝国に仕える忍竜一族「禍(マガツ)」の十二代目頭領。現在の頭領である「マガツストーム」の前代に当たる。
このたび、クレイ全土を巻き込んだ“超越”現象を受け、緊急招集され戦場へ舞い戻った。

暗器術と分身(わけみ)の術を組み合わせた新たな忍術を得意とする十三代目「マガツストーム」に対し、
マガツタイフーンは周囲の環境や配下の忍達の命をも最大限に“利用”した伝統的な忍の戦術を得意とする。
互いに違う考えと強さを持った前代の忍と現代の忍であるが、彼らは任務のためにその力を最大限に活かす。
分身による「数の力」、そして環境利用によって増強される「個の力」を合わせ、“むらくも”の戦いは、さらなる高みへと昇華されるだろう。

「我ら隠密魔竜、一竜見れば百竜潜むものと知れ!」

FAQ 節を編集

  • Q1312 (2015-05-28)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探せないので、シャッフルだけを行います。
  • Q1321 (2015-05-28)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q1328 (2015-05-28)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1339 (2015-05-28)
    Q. このユニットの能力でコールしたユニットが、そのターン中に、ドロップゾーンに置かれました。ターンの終了時に、ドロップゾーンに置かれたそのカードを手札に戻せますか?
    A. いいえ、戻せません。コールしたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、コールしたカードとは別のカードとして扱われます。
  • Q1340 (2015-05-28)
    Q. 双闘しているヴァンガードに超越しました。リアガードの「ヴァンガードが双闘しているなら」という条件の能力は発動できますか?
    A. いいえ、できません。
  • Q1341 (2015-05-28)
    Q. 双闘しているヴァンガードは1枚のユニットですか?
    A. いいえ、2枚のユニットです。そのため、能力等でユニットの枚数を数える場合、2枚として数えます。
  • Q1342 (2015-05-28)
    Q. 双闘しているヴァンガードにアタックするときは、どちらにアタックするのですか?
    A. 双闘20000等の起動能力を持っているほうにアタックできます。双闘相手として指定されているほうをアタック相手として選ぶことはできません。

収録情報 節を編集

ブースターパック覇道竜星G-BT03/015 RR イラスト/イトウヨウイチ流星の雨に終焉無し! 忍法・星禍分身(メテオ・スコール)
G-BT03/S10 SP イラスト/イトウヨウイチ御主は、我ら隠密魔竜の領域に踏み込んだ!