銀の茨の獣使い(シルバーソーン・ビーストテイマー) マリチカ/Silver Thorn Beast Tamer, Maricica》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ペイルムーン - エルフ パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(V)/(R)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたの《ペイルムーン》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたのソウルからカード名に「銀の茨」を含むカードを1枚まで選び、(R)にコールし、そのターンの終了時、そのユニットをソウルに置く。

 黒輪縛鎖で収録されたグレード2のペイルムーン

 「銀の茨」版の《ミラー・デーモン》といった感じだが、性質には異なる点も多い。

 コストで自身をソウルに置かない代わりに、スペリオルコールしたユニットはそのターンの終了時の時限誘発ソウルに置かれてしまう。
 それに伴い、ヴァンガードサークルでも使用できるようになっている。

 このカードが残ることで以降のターンでもガード強要を狙えるが、リアガードサークルを空けておかないとユニットの重複処理ディスアドバンテージになるため、中盤以降は使い勝手が悪化する。
 また、アタックヴァンガードヒットした時のみ誘発するようになっているため、リアガード狙いでのガード強要もできない。

 《ミラー・デーモン》における《パープル・トラピージスト》同様、《銀の茨のお手伝い ゼルマ》との相性は抜群なので、是非ソウルに置いておきたい。
 特にこのカードは上記の性質により、《銀の茨のお手伝い ゼルマ》フィールドに留まらせることがない点がメリットになる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

“ペイルムーン”の興業先で「ルキエ」より銀茨を賜った彼女の従僕。 サーカス団の花形、獣使い(ビーストテイマー)の一人。 より強力な魔獣を使役する力を得る為、自由と引き換えに「ルキエ」の従僕となる事を選んだが、魔獣達が聖なる力を宿す銀の茨を嫌うという性質を知らず、結果的に同じ銀茨の力に支配された魔獣以外に触れることすらできなくなってしまった。 だからこそ、「バーキング・ドラゴン」たち銀茨の魔獣には惜しみない愛情を注いでいる。 魔力総量や魔力操作の技能は従僕となった事で格段に上昇している為、こと彼らの使役に関しては主に匹敵する程の腕を誇る。 利害の一致だけで「ルキエ」と契約を交わしているので、主であるはずの彼女が堕ちた事に対してほとんど関心を持っていない。 今でも命令には従うが、それ以外の時は極力彼女に近づかないようにしているという。

FAQ 節を編集

  • Q528 (2013-07-05)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック黒輪縛鎖BT12/041 R イラスト/弘司銀の茨(シルバーソーン)は、最高の舞台の代名詞である。