鉄星(てっせい)黒弾(こくだん) フォトスフィア/Black Bullet of Iron Star, Photosphere》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
リンクジョーカー - サイバロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1):[あなたの手札から1枚選び、(R)に呪縛カードとして置く] このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたのヴァンガードが〈メサイア〉なら、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+9000。

 混沌と救世の輪舞曲で収録されたグレード2のリンクジョーカー

 ヴァンガードアタックした時にヴァンガードが〈メサイア〉なら、手札から1枚をリアガードサークル呪縛カードとして置くことで、パワー+9000を得るジェネレーションブレイク(1)の自動能力を持つ。

 単体でパワー18000となるので、コスト呪縛カードを同じ縦列後列に配置したとしても下手なブースト役を置くよりも高パワーを見込める。

 コストで置いたカード要件に対応する〈メサイア〉のGユニット効果解呪してしまえるので元々ノーマルコールする予定のカードを配置しておけば問題なく、ノーマルコールしてから呪縛する手間を省けるという利点を享受することができる。

 ユニットの重複処理が発生するので1枚分のアドバンテージを負うことになるが、レスト状態のリアガード後列解呪された後の《アローザル・メサイア》がいるリアガードサークルに配置したなら、解呪を起点に疑似スタンドを行う布石になる。

 その他のパワーの増加手段と併用してパワーを整える場合、《超絃理論の愛し子》効果パワー+3000を与えたなら合計パワー21000、《アスリープ・メサイア》ブーストパワー+8000を与えたならパワー26000ラインをそれぞれ狙える。

 コスト呪縛カードを配置した直後に《白色矮星のレディバトラー》効果でそれを解呪するならパワー29000ラインを形成でき、《アローザル・メサイア》を配置して解呪したならパワー31000ラインに達しつつ単体パワー11000でのスタンドが行える。
 逆に《白色矮星のレディバトラー》能力解決を先に行って《ネオンメサイア・アウリオン》解呪、その位置に《グロビュール・ドーベル》呪縛カードとして配置して合計2枚のドローを狙う使い方もできる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3695 (2017-10-20)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3733 (2017-10-20)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットは裏向きになり、ユニットから呪縛カードとなります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの始めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードあるリアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行なえる手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。
  • Q3736 (2017-10-20)
    Q. この能力で置かれるカードはユニットですか?「登場した時」のような能力は発動しますか?
    A. いいえ、発動しません。呪縛カードはユニットではありません。

収録情報 節を編集

クランブースター混沌と救世の輪舞曲G-CB06/024 R イラスト/白井秀実これは救いだ。俺はそう信じている。