追討(ついとう)抹消者(イレイザー) ドクカクジ/Tracking Eradicator, Dokukakuji》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
なるかみ - デーモン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたの「抹消者」を含むヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。
【自】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたの「抹消者」を含むグレード3以上のヴァンガードがアタックしたバトルの終了時、アタックがヒットしていなかったら、コストを払ってよい。払ったら、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、そのユニットとこのユニットのパワー+5000。

 竜皇覚醒で収録されたグレード2のなるかみ

 1つ目の能力は、ヴァンガードアタックした時に「抹消者」を含むヴァンガードがいるなら、パワー+2000を得る自動能力

 「抹消者」のヴァンガードがいるならという緩めの要件を満たすことで、ヴァンガードアタックした時に単体でパワー11000となれる。
 この能力のみではリアガード潰しに使えないことを度外視しても、3ターン目なら単体でシールド10000、4ターン目ならブーストパワー+7000を加算してシールド15000を要求が行える《抹消者 スパークレイン・ドラゴン》の方が序盤では有用なので、5ターン目以降から利用できる後半の能力で差別化するようにしたい。

 2つ目の能力は、「抹消者」を含むグレード3以上のヴァンガードアタックしたバトルの終了アタックヒットしていなかったら、カウンターブラスト(1)することで、ヴァンガード1枚と自身にパワー+5000を与える自動能力

 誘発条件の都合から5ターン目以降でしか使えないが、ヴァンガードアタックヒットしなかった場合にパワー+5000を得るので、前半の能力と合わせてシールド10000要求が行える単体パワー16000となる。

 誘発するタイミングの都合からヴァンガードに与える分のパワー+5000は《抹消者 ドラゴニック・ディセンダント》《真・抹消者 ドラゴニック・ディセンダント “Z”》とのコンボ前提となるものの、それらのスタンド後の要求シールド値を増やすことで圧力の増加が狙える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2329 (2017-08-24)
    Q. この能力が誘発したあと、解決する前に「そのユニット」に該当するユニットがフィールドからいなくなっていた場合、このユニットは効果を得られますか?
    A. はい、得られます。
  • Q3500 (2017-08-24)
    Q. この能力が誘発したあと、解決する前に「そのユニット」に該当するユニットがフィールドからいなくなっていた場合、このユニットは効果を得られますか?
    A. はい、得られます。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜皇覚醒G-BT12/077 C イラスト/三好載克ここは戦場だ。息をつく暇などあるはずがないだろ。