超古代竜(ちょうこだいりゅう) バーンゲリュオン/Super Ancient Dragon, Burn Geryon》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたの「古代竜」を含むリアガードを1枚選び、そのターン中、【自】:このユニットが(R)から退却した時、このカードを手札に戻す。』を与える。
【自】【(V)】:[あなたの「古代竜」を含むリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、このユニットのパワー+10000。

 剣牙激闘で収録されたたちかぜGユニット

 1つ目の能力は、1ターンに1回、カウンターブラスト(1)で、「古代竜」のリアガード1枚に『リアガードサークルから退却した時に自身を手札に戻す自動能力

 「古代竜」のリアガードであれば、どれを選んでも損にはなりにくいが、ノーマル超越コストになるグレード3、守りの要となる守護者ヒールトリガーシールド10000のガーディアンとして運用できる先駆スペリオルコールしたグレード0のノーマルユニット等、手札に加えることで活躍を期待できるリアガードを選ぶのも良いだろう。
 特に同質の誘発条件スペリオルコールが行える《古代竜 プテラキッド》は疑似スタンドにも使える優秀なアドバンテージ源となるため、手札に戻して使い回しを狙える利点は大きい。
 自身の自動能力コストによる退却誘発させても良いが、敢えてこちらの能力だけを目当てに他の退却を行うことで利点を得られるカード退却させるのも手である。

 2つ目の能力は、ヴァンガードアタックした時に「古代竜」のリアガード1枚の退却で、パワー+10000を得る自動能力

 コストに対応するのは「古代竜」のリアガードのみ、パワーの増加量は《破壊暴君 アークレイダー》を上回るもののガード強要力は低く、起動能力を利用してコストによるカード消費の軽減を狙うと良いだろう。
 起動能力自動能力を利用すると結果的に【古代竜】専用のリアガード1枚をドロップゾーン経由で手札に戻すことができる《ミラクルエレメント アトモス》といった性能といえる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3036 (2017-02-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3041 (2017-02-02)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3055 (2017-02-02)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。

収録情報 節を編集

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/029 R イラスト/NINNIN狂熱の大火炎は化石になることすら許さない。