蒼波兵(そうはへい) ブライト・シューター/Blue Wave Soldier, Bright Shooter》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
アクアフォース - アクアロイド パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】連波-4回目以降(各ターンの指定されたバトルで有効):このユニットが【ブースト】したバトルの終了時、あなたのカード名に「蒼波」を含むヴァンガードがいるなら、あなたのドロップゾーンからグレード3のカードを1枚まで選び、手札に加える。

 連波の指揮官で収録されたグレード1のアクアフォース

 ブーストしたバトルの終了時に「蒼波」のヴァンガードがいるなら、ドロップゾーンからグレード3のカードを1枚まで手札に加える自動能力を持つ。

 4回目以降のバトルブーストを担当させる手間がかかるとはいえ、コストなしで1枚分のアドバンテージを得ることができる。
 《蒼波帥竜 テトラボイル・ドラゴン》《蒼波帥竜 フラッドハザード・ドラゴン》等のスタンド能力、ないし超越スキル手札コストに役立てられる。
 また、4回目のバトル誘発させた場合、《蒼波帥竜 テトラボイル・ドラゴン》《蒼波帥竜 フラッドハザード・ドラゴン》スタンド能力とは同時に誘発するので、状況に応じて順番を選べる。
 場合によっては《波状螺旋の水将 ベネディクト》《斬波刀の水将 マックス》等、バトル回数を稼ぐのに役に立つカード手札に加えることもできるので応用力も高い。

 《蒼波帥竜 テトラボイル・ドラゴン》《蒼波帥竜 フラッドハザード・ドラゴン》と同時に使うならば、《蒼波水将 ガレアス》《蒼波水将 フォイヴォス》《蒼波水将 ルキアノス》等をブーストが狙える位置に置いておくのが総合的に望ましい。
 あまり現実的ではないが《蒼波勇将 アルティオム》辺りで要件を満たして、2ターン後に《蒼波竜 テトラドライブ・ドラゴン》《蒼翔竜 トランスコア・ドラゴン》とのコンボを狙いやすくする戦術もある。

 要件連波の他には特に制限はないので、最速なら2ターン目からでも使用できる。
 ただし、ドロップゾーングレード3のカードが必要なので、早期の利用を狙うなら《蒼波兵長 ベラギオス》等のグレード3のカードドロップゾーン送りにする手段を併用しておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1677 (2015-10-22)
    Q. 連波(ウェーブ)とは何ですか?
    A. そのターン中に発生したバトルの回数を参照して発動する能力です。例えば「3回目のみ」はそのターン中3回目のバトル中であれば発動し、「4回目以降」であれば4回目のバトルも含めてそれ以降のバトルであれば発動します。

収録情報 節を編集

クランブースター連波の指揮官G-CB02/009 RR イラスト/安達洋介終わりの一撃。 そして、始まりの一撃。