竜刻魔道士(ドラグウィザード) セミアス》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
シャドウパラディン - エルフ パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1) 儀式3(あなたのドロップゾーンにグレード1が3枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、あなたの「ルアード」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から2枚見て、別々の(R)にコールし、そのターンの終了時、この効果でコールされたユニットとこのユニットを退却させる。

 竜皇覚醒で収録されたグレード1のシャドウパラディン

 リアガードサークル登場した時に「ルアード」のヴァンガードがいるなら、カウンターブラスト(1)で、デッキトップから2枚をスペリオルコールし、そのターンの終了時にこの効果コールしたユニットと自身を退却させる儀式3とジェネレーションブレイク(1)と儀式3の自動能力を持つ。

 儀式3とジェネレーションブレイク(1)と儀式3の有効化を行った上で「ルアード」のヴァンガードを用意しておく必要があるが、低コストで2枚を時限誘発付きでスペリオルコールできる。

 要件に対応する「ルアード」のカードとの組み合わせにおいても、《天空を舞う竜 ルアード》《覚醒を待つ竜 ルアード》はこのカード山札からスペリオルコールすることで誘発の起点となり、《覚醒せし竜皇 ルアード》はこのカードによるスペリオルコールリアガードを賄うことでパワーを増やすための手札を温存がしやすくといった点で相性がよい。

 《カースドアイ・レイヴン》のようにデッキトップから2枚をコールするためランダム性が高いが、あちらと違いこの能力ではスタンド状態でコールするためそのままバトルに参加させられる。
 もしユニットとしての価値の低いカードコールしてしまった場合でも、《竜刻魔道士 リア・ファル》等のコストに利用してやれば、メインフェイズ中に有効に消費ができる。
 ターンの終了時の時限誘発では、この効果コールしたユニットとこのカード自身を退却させてしまうが、それも事前に《一掃の梟匠 セスリーン》《竜刻魔道士 ニーズ》等のコストにすれば無駄がない。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3541 (2017-08-24)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3575 (2017-08-24)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q3581 (2017-08-24)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットから超越し、そのターンの終わりに超越したGユニットがGゾーンに戻った後にも、ターン終了時に発動する能力は発動しますか?
    A. はい、発動します。
  • Q3582 (2017-08-24)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q3612 (2017-08-24)
    Q. 儀式とは何ですか?
    A. 儀式とは、あなたのドロップゾーンにあるグレード1のカードの枚数を参照し、指定された枚数以上なら有効になる能力です。
  • Q3613 (2017-08-24)
    Q. 自動や起動の儀式能力を解決したあと、ドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数未満になった場合、効果は失われますか?
    A. いいえ、特に記述されていない限り失われません。自動であれば誘発時、起動であればコストを支払う段階でドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数以上あれば、その後、指定の枚数未満になってもその効果が失われることはありません。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜皇覚醒G-BT12/034 R イラスト/桂福蔵過ぎた力は、やがて大きな代償を求めるだろう。