白竜(はくりゅう)騎士(きし) ペンドラゴン/White Dragon Knight, Pendragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):あなたのメインフェイズ開始時、あなたの山札の上から5枚まで見て、グレード3の《ロイヤルパラディン》を1枚まで探し、ライドし、その山札をシャッフルする。
【自】:このユニットが(V)に登場した時、そのターン中、このユニットのパワー+5000。

 黒鋼の戦騎で収録されたグレード3のロイヤルパラディン

 リミットブレイクは、メインフェイズ開始時にデッキトップ5枚までからグレード3のロイヤルパラディンを1枚までスペリオルライドする自動能力

 やや不安定な部分もあるため、他のカードとの組み合わせを良く考えなければ有効に働かせるのは難しい。
 2枚目以降をスペリオルライドすることで、ノーコストでパワー+5000を得ることができるが、それだけではいささか強みとしては物足りない。ライド時に得られるものの大きさで考えるなら《ソウルセイバー・ドラゴン》が適している。

 特定のグレード3をライドするための手助けとしての働きも考えられるところだが、その場合はリミットブレイクであることが重い足枷になる。
 ライドしてから複数ターン待たされた上に不確実では、ライド事故の回避としては遅いと言わざるを得ない。

 ヴァンガードサークル登場した時の能力は、性質上順当にライドしたタイミングではあまり旨みがないのが惜しい。
 2枚目以降や3枚目以降も利用して再ライドを繰り返すことだけを考えても今一つ押しが弱く、他のカードライドすることを前提にして運用するのであればこの能力に利点がほとんどない、と、何かにつけ中途半端なのが辛いところ。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

聖なる守護竜の加護を受ける一族の騎士。 歴史の表舞台に現れた記述が殆ど残されていない為、存在すら疑問視されていた。
人里離れた聖域の廃墟、守護竜の留まる別空間への門を、何世代にも渡って守り続けてきたのだという。
聖域の現状を憂えた守護竜が聖騎士団への助力を決意した時、彼もまた躊躇い無く騎士王の傘下に入り、共に戦う事を誓った。
かつて竜と人、双方を総べたと伝わる白竜王の力。 古の王より受け継ぎしその剣と力は、主に害為す者全てを滅する。

  • 設定にある「白竜王」とは《サンクチュアリガード・ドラゴン》の事である。また、「守護竜の留まる別の空間」とは《ソウルセイバー・ドラゴン》の設定にもある、《導きの賢者 ゼノン》が作り出した「時の流れの存在しない空間」の事だろう。
  • カードのモデルはアーサー王の父であるユーサー・ペンドラゴン王だろう。「ペンドラゴン」とは「竜の頭」を意味し、「騎士の長」、「偉大な騎士」、「王」などの意味あいを持つ。一説によると先代である兄の名を王の称号として引き継いだものであるともされる。なお、「アーサー王の称号でもある」と言う説は誤り。

FAQ 節を編集

  • Q213 (2012-05-03)
    Q. 見たカードの中に、当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 見たカード全てを山札に戻してシャッフルして下さい。

収録情報 節を編集

エクストラブースター黒鋼の戦騎EB03/005 RR イラスト/前田ヒロユキ聖なる竜の力を持つ王達が、聖域の歴史を守ってきた。
EB03/S04 SP イラスト/前田ヒロユキ聖王が、自らを捨てて闘う時、聖竜は必ずそれに応えた。