火柱(ひばしら)抹消者(イレイザー) カストル》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
なるかみ - シルフ パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[【カウンターブラスト】(1)] 【超越】のコストで、このカードを手札から捨てた時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から7枚見て、「抹消者」を含むグレード3以上のカードを1枚まで公開し、手札に加え、山札をシャッフルする。
【永】【手札】:あなたが【超越】のコストを払う際、あなたの「抹消者」を含むヴァンガードがいるなら、このカードのグレード+2。

 竜皇覚醒で収録されたグレード1のなるかみ

 1つ目の能力は、超越スキルコストでこのカード手札からドロップした時、カウンターブラスト(1)でデッキトップ7枚から「抹消者」のグレード3以上のカードを1枚まで手札に加える自動能力

 コストカウンターブラストが必要でデッキトップ7枚の中という狭い範囲だが、運が良ければ手札を減らさずにノーマル超越できる。
 特に《真・抹消者 ドラゴニック・ディセンダント“Z”》《抹消者 ドラゴニック・ディセンダント“Σ”》のように手札ドロップコスト能力を主な戦略とするなら有用な働きをしてくれるだろう。
 また、《抹消者 ボーイングセイバー・ドラゴン “Я”》クロスライドや「抹消者」のブレイクライドの補助としても活躍しやすい。
 ただし、《抹消者 ファーストサンダー・ドラコキッド》能力を狙うなら、その効果探すことになる《抹消者 スイープコマンド・ドラゴン》山札の中にある方が都合がいいため能力を使用するかどうか見極めたい。

 2つ目の能力は、超越スキルコストを払う際に「抹消者」のヴァンガードがいるなら、グレード+2を得る永続能力

 《マイティボルト・ドラグーン》と同様の置換効果を適用できるが、こちらは要件に「抹消者」のヴァンガードがいることを要求しているため、汎用性は落ちている。
 そのため、できるだけメインデッキに入れるグレード3以上のカードを「抹消者」のカードで固めておきたいところ。
 「抹消者」のカードの中には、各種コストに使えるのが「抹消者」のカードに限定されているものが多いため、《マイティボルト・ドラグーン》よりこちらを優先して損はないだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3538 (2017-08-24)
    Q. 見たカードの中に、当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 置く場所を指定されている場合はその指示に従い、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q3541 (2017-08-24)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3544 (2017-08-24)
    Q. このカードの能力やコストで公開されたカードはいつまで公開されますか?
    A. 公開されたカードが別の場所に移動するか、他の能力の解決やゲームが進行する前に、公開されたカードを元に戻します。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜皇覚醒G-BT12/041 R イラスト/uniまだまだ私の助けが必要みたいね。