林檎(りんご)魔女(まじょ) シードル/Apple Witch, Cider》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ジェネシス - ヒューマン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが手札から(G)に登場した時、あなたのカード名に「神器」を含むヴァンガードを1枚選び、そのバトル中、【自】(V)】:あなたの《ジェネシス》のガーディアンがドロップゾーンに置かれた時、そのユニットをソウルに置く。』を与える。

 神器の伝承者で収録されたグレード1のジェネシス

 手札からガーディアンサークル登場した時に「神器」のヴァンガード1枚に『ジェネシスガーディアンドロップゾーンに置かれた時にそのユニットソウルインする自動能力』を与える。

 ガード行為をそのままソウル稼ぎに転換することができ、コスト確保の一助となる。
 ソウルイン枚数は不定だが、無理のない形でのガードを前提とすると基本的には多くて2枚程度になるだろう。

 限定的ながらカードを狙ってソウルインできるため、《烏の魔女 カモミール》《マイスガード オリオン》などの能力にもいくらか貢献できる。
 特にこれらのグレード2のカードの場合、インターセプトできる状況さえ作れればフィールドからでもソウルインさせることが可能である。

 クインテットウォールと併用することで最大でに7枚ものジェネシスソウルインが行える。
 ただ、クインテットウォールでこのカードスペリオルコールされても能力は使えないので、シールドが足りているかどうかに関係なく両方を手札からコールする必要がある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

“ジェネシス”に創設された魔女部隊の一員にして、古より聖域に住まう由緒正しき魔女の末裔。 腐る事も朽ちる事も無い永久果実の一種、「マルスプミラ」を媒介とし、旧き時代より受け継がれる魔法を行使できる。 血統と古い慣習ばかりを気にする一族を疎ましく思い、数年前に住み慣れた森を飛び出して王都へと移り住んだ。 その後、“オラクルシンクンタンク”の職員となるが、“リンクジョーカー”の出現により現職の魔女ほぼ全てが“ジェネシス”へ転属。 面倒事が嫌いな彼女は前線支援の任が多くなると言う魔女部隊への配属を渋っていたが、遠征の際に訪れた故郷の変わり果てた姿を見て、侵略者への怒りを顕わにしたという。 時代遅れと侮る者もいるが、原初の魔法はその危うさと扱いづらさ故に秘匿されたものが多い。 魔女の怒りを買った者の末路など、消し炭かスクラップ以外には存在しない。

  • 「シードル(Cider)」とは林檎を発酵させた度数の低い果実酒のこと。フランスの「カルヴァドス」もその一種。スペインでは祝祭の場で飲まれる。

FAQ 節を編集

  • Q658 (2013-10-24)
    Q. 「叡智の神器 アンジェリカ」がヴァンガードの時、このユニットと「挺身の女神 クシナダ」を手札からガーディアンとしてコールし、「挺身の女神 クシナダ」の能力を使いました。バトル終了時にガーディアンサークルからソウルに置かれるカードは何枚ですか?
    A. 2枚です。ドロップゾーンに置かれたカードは3枚ありますが、「挺身の女神 クシナダ」の能力コストで置かれたカードはガーディアンサークルではなく、手札から置かれているためです。ソウルからドロップゾーンに置かれた、このカードと「挺身の女神 クシナダ」がソウルに置かれます。
  • Q659 (2013-10-24)
    Q. 「叡智の神器 アンジェリカ」がヴァンガードの時、「超次元ロボ ダイカイザー」の能力で手札からガーディアンサークルにコールされたこのカードが退却しました。このカードはソウルに置かれますか?
    A. はい、ソウルに置かれます。このカードはバトル中にガーディアンサークルからドロップゾーンに置かれていることと、『ヒットされない』を含む効果ではないからです。

収録情報 節を編集

トライアルデッキ神器の伝承者TD13/012 イラスト/てるみぃ林檎がなぜ、禁断の実と呼ばれるか知ってる?