想念(そうねん)神器(じんぎ) ヘニル》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ジェネシス - ノーブル パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+2000してよい。そうしたら、そのバトルの終了時、このユニットをソウルに置く。
【自】【Gブレイク】(1):あなたのターン中、このカードがソウルからドロップゾーンに置かれた時、あなたの「神器」を含むユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+3000。

 竜神烈伝で収録されるグレード2のジェネシス

 1つ目の能力は、ヴァンガードアタックした時にパワー+2000を得られ、そうしたら、そのバトルの終了時に自身をソウルに置く自動能力

 対ヴァンガード限定で単体パワー11000に任意でなれるが、そうした場合、バトルの終了時の時限誘発ソウルに置かれてしまうことで最終的には1枚分のディスアドバンテージを負ってしまうことになる。
 一応、ソウルに置かれることによって《宇宙の神器 CEO ユグドラシル》《全知の神器 ミネルヴァ》等のコスト不足の防止に貢献しつつ2つ目の能力の布石となったり、支配呪縛の回避が行える他、《神界獣 フェンリル》《革の戒め レージング》が与える能力で使い回しが狙いやすいという利点もある。

 2つ目の能力は、ソウルからドロップゾーンに置かれた時に「神器」のユニット1枚にパワー+3000を与えるジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 《運命の神器 ノルン》能力に近い能力だが、ジェネレーションブレイク(1)の制限の存在と他のファイターターンでは誘発条件を満たせない点から速攻や《シークレット・エルシー》とのコンボの利用等に制限がかかるが、「神器」のユニットであれば増加量は控えめながらもリアガードパワーを増やせるのが利点となる。
 【神器】においては《今世の神器 ヴェルザンディ》《オーダイン・オウル》等と並んでリアガードパワーを増やせる貴重な手段であり、《先史の神器 ウルズ》《真昼の神器 ヘメラ》等を起点に使い回せるので左列右列の要求シールド値の向上等に役立てられる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック竜神烈伝G-BT14/067 C イラスト/祀花よう子えっと、先に射るのは将だっけ?馬だっけ?