恐怖政治(レインオブテラー) テルミドール/Reign of Terror, Thermidor》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
スパイクブラザーズ - デーモン パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【自】【(R)】:このユニットが《スパイクブラザーズ》のノーマルユニットのリアガードを【ブースト】した時、そのバトル中、【ブースト】されたユニットのパワー+3000してよい。パワー+3000したら、そのバトルの終了時、そのユニットを山札の下に置く。

 騎士王凱旋で収録されたグレード0のスパイクブラザーズ

 ブーストすることによって合計パワー+8000を与えることができるが、バトルの終了時の時限誘発デッキボトム送りにしてしまう。
 《ハイスピード・ブラッキー》などをブーストし、あちらの能力も使わせることで時限誘発を重複させるのでなければこの能力を常用するリスクは大きい。

 《ワンダー・ボーイ》と同等のブーストを行えるが、それだけが目的であれば《ワンダー・ボーイ》手札に加えられる《メカ・トレーナー》で十分だろう。
 ただしパワーラインはあまり噛み合わず、《ジャンボ・ザ・スタンガン》等と組み合わせたいところである。

 主な役割は、【スパイクブラザーズ】が得意とするバトルフェイズ中のスペリオルコールによる疑似スタンドへ繋げるために、自力でリアガードサークルを離れられないユニットを効率的に処理して前列を空けることだろう。
 《スカイダイバー》《ヒートエレメンタル ブワー》のように、離れる手段は持っているが誘発が不安定なユニットも、場合によってはその対象となる。

 ただし、双闘が主軸のデッキの場合は、汎用性が低い代わりに上昇するパワーの高い《サイクロン・ジョニー》と比較したうえで採用したいところである。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

ギャロウズボールチーム“スパイクブラザーズ”のセンター。 力、体格、捕球能力など全てが平均的であり、一見無個性な選手に思えるが、その正体は過去幾つもの策謀を巡らしてチームを勝利に導いてきた影の功労者。 その作戦は味方を犠牲に勝利を掴む残虐なものばかりだが、真に恐ろしいのは利用された選手ですら彼の計である事に気付けないという点である。 時にはボールを持ち、時には走り、時には突き飛ばされる、選手としては平凡以下の男。 十重二十重に被った化けの皮の内側を知る事が出来たのは、もう口を開く事の無い還らざる選手達だけだと言う。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック騎士王凱旋BT10/101 C イラスト/ToMo彼と対戦した選手は、恐怖とは何かを理解する。