忍竜(にんりゅう) オウザイ/Stealth Dragon, Ouzai》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ぬばたま - アビスドラゴン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:[【ソウルブラスト】(1)] あなたのターン中、支配されている他のユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、そのユニットのパワー+3000。あなたのグレード4のヴァンガードがいるなら、そのターン中、このユニットのパワー+3000。

 竜神烈伝で収録されたグレード1のぬばたま

 支配されている他のユニットヴァンガードアタックした時にソウルブラスト(1)で、そのユニットパワー+3000を与え、グレード4のヴァンガードがいるなら、パワー+3000を得る自動能力を持つ。

 ヴァンガードアタックした支配状態のユニットパワー+3000を与えることで、パワー不足の解消したり、要求シールド値の増加を狙う調整を行うことができる。

 《忍獣 ミストフロッグ》《忍竜 マドイ》等でも似たようなことが行えるが、こちらはジェネレーションブレイク(1)の制限がなく、コストさえ払えば複数回の利用も可能なので、5ターン目で《焔魔忍竜 シラヌイ “慚愧”》ライドして支配能力を利用する際に相手リアガード先駆能力スペリオルコールされたグレード0のユニットしかいない場合や永続能力を有効にできない状態の《邪眼明王 シラヌイ “輪廻”》支配能力効果相手トリガーユニット等の元々のパワー5000以下のカードを2枚スペリオルコールしてきた場合等に発生し得るパワー不足をこのカード1枚で補えるようになるので、序中盤で相手にかけられる圧力を高めることができる。
 加えて、グレード4のヴァンガードいるなら自身もパワー+3000を得られるので、6ターン目以降からはGユニット超越しておけば、このカード自身もパワーの増加の恩恵を享受可能となる。
 
 また、コストソウルブラスト(1)に関しては、《六道忍竜 ゲホウラカン》《焔魔忍竜 シラヌイ “慚愧”》等との兼ね合いに注意しておく必要があるものの、《忍獣 メイモウダヌキ》《忍獣 ミストフロッグ》等のソウル増加手段を上手く活かせば確保は十分に狙える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q4003 (2018-04-27)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません
  • Q4074 (2018-02-23)
    Q. 支配とはなんですか?
    A. 支配、ならびに支配関係のルール、よくある質問に関してはこちらをご参照ください。http://cf-vanguard.com/information/shihai_nubatama/
  • Q4075 (2018-02-23)
    Q. このカードは支配能力を持つユニットですか?
    A. 「支配能力を得る」などであれば、能力を得た後は支配能力を持つユニットです。得る前であったり参照しているだけなら、支配能力そのものは持っていないため支配能力を持つユニットではありません。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜神烈伝G-BT14/079 C イラスト/HMK84ここで脇腹を突かれるとは何と迂闊な。