征天覇竜(せいてんはりゅう) ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VOLTAGE(ヴォルテージ)”/Conquering Supreme Dragon, Dragonic Vanquisher "VOLTAGE"》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
なるかみ - サンダードラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[あなたのGゾーンから裏の「征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VOLTAGE”」を1枚選び、表にする] そのターン中、このユニットは【自】(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させ、あなたは相手のドロップゾーンから2枚まで選び、表でバインドする。』『【永】【(V)【Gブレイク】(3):あなたのターン中、相手のバインドゾーン1枚につき、あなたの前列のユニットすべてのパワー+3000。』を得る。

 月煌竜牙で収録されたなるかみGユニット

 1ターンに1回、Gペルソナブラストで『ヴァンガードヒットした時に相手リアガード1枚を退却させ、相手ドロップゾーンから2枚までを表でバインドする自動能力』と『相手バインドゾーン1枚につき、前列ユニットすべてにパワー+3000を与えるジェネレーションブレイク(3)』を得る起動能力を持つ。

 得られる自動能力は、《雷龍騎士 ゾラス》と同様のもの。
 Gデッキの構成によっては《雷龍騎士 ゾラス》の代用として超越するということも考えられる。
 《征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VMAX”》永続能力の効率を大幅に上げる事ができるので、支障が無ければこちらを利用しておきたい。

 こちらの能力は同時に得られる永続能力のお陰で非常に高いガード強要力を持ち、事前に《雷龍騎士 ゾラス》《征天覇竜 ボルテックザッパー・ドラゴン》等を超越しているのであれば、相手手札をかなり減らす事ができるだろう。

 同時に得られる永続能力は他のGユニット超越しておく必要があるので使えるタイミングは8ターン目以降となるが、相手バインドゾーンの枚数に応じて前列パワーを増やすというもの。

 利用できるタイミングが同じ《征天覇竜 コンクエスト・ドラゴン》起動能力効果量の最大値を上回るのに必要な相手バインドゾーンの枚数は4枚以上となる。
 《ボルテージホーン・ドラゴン》《ワイルドラン・ドラグーン》の他、《ロッククライム・ドラグーン》《チェインボルト・ドラグーン》といった「ヴァンキッシャー」のサポートカードを駆使してやれば8ターン目でそれだけの枚数をバインドすることもそう難しくはないだろう。
 これらを採用した【ヴァンキッシャー】であれば、《征天覇竜 コンクエスト・ドラゴン》以上の活躍を期待できる。
 ただし、あちらとは退却効果の性質が異なるので、その点は考慮すべきである。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1688 (2015-11-11)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1694 (2015-11-11)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q1697 (2015-11-11)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1702 (2015-11-11)
    Q. この能力で、相手は抵抗を持つユニットを選べますか?
    A. いいえ、選べません。ユニットを選ぶのが相手であっても、カードの効果はあなたの効果なので、相手は抵抗を持つカードを選ぶことができません。
  • Q1703 (2015-11-11)
    Q. 「退却させ、バインドする」は「退却させた時」や「リアガードがドロップゾーンに置かれた時」の条件を満たしますか?
    A. はい、満たします。リアガードがドロップゾーンに置かれた後、バインドゾーンに置かれるからです。
  • Q2742 (2016-11-10)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q2743 (2016-11-10)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q2754 (2016-11-10)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q2789 (2016-11-10)
    Q. この能力で、相手は抵抗を持つユニットを選べますか?
    A. いいえ、選べません。ユニットを選ぶのが相手であっても、カードの効果はあなたの効果なので、相手は抵抗を持つカードを選ぶことができません。
  • Q2817 (2016-11-10)
    Q. 「退却させ、バインドする」は「退却させた時」や「リアガードがドロップゾーンに置かれた時」の条件を満たしますか?
    A. はい、満たします。リアガードがドロップゾーンに置かれた後、バインドゾーンに置かれるからです。

収録情報 節を編集

ブースターパック月煌竜牙G-BT05/005 RRR イラスト/安達洋介見よ、竜を遮りし者の末路を!
G-BT05/S03 SP イラスト/安達洋介(※なし)
ブースターパック天舞竜神G-BT09/Re:02 Re イラスト/安達洋介立ち塞がるすべてを越えた時、竜は天を掴む。
G-BT09/S16 SP イラスト/安達洋介(※なし)