征天覇竜(せいてんはりゅう) ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VMAX(ブイマックス)”/Conquering Supreme Dragon, Dragonic Vanquisher "VMAX"》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
なるかみ - サンダードラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】【Gブレイク】(3) 雷激5:[【カウンターブラスト】(2)] このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、相手のリアガードがいないなら、コストを払ってよい。払ったら、相手のヴァンガードを1枚選び、1ダメージ。
【永】【(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックする際、あなたのGゾーンの表の「ヴァンキッシャー」を含むカード1枚につき、相手の(R)を1つ選び、このユニットは1回のアタックで、ヴァンガードと、選んだ(R)にいるユニットすべてとバトルする。

 天舞竜神で収録されたなるかみGユニット

 ジェネレーションブレイク(3)は、ヴァンガードアタックしたバトルの終了時に相手リアガードがいないならカウンターブラスト(2)で、相手ヴァンガード1枚に1ダメージを与える雷激5の自動能力

 ジェネレーションブレイク(3)と雷激5の制限に加え、厳しめな要件付きだが、バトルの結果に依存することなく相手ヴァンガードダメージを与えることができる。

 コストはやや重めなものの、バトルの結果に依存せずに相手ヴァンガードダメージを与えられるのは強力だが、雷激5を有効にした上で相手リアガードがいないという要件を満たす必要がある。

 要件に関してはGゾーンの表の「ヴァンキッシャー」のカードの枚数が稼げていれば永続能力によって単独でも多少は補助できるが、相手バインドゾーンを増やす手段は持たないので、【ヴァンキッシャー】等のある程度バインドを行えるデッキでない場合は利用が難しくなる点に注意しておきたい。

 諸々のコストに都合がつけられるのであれば、《デトニクス・ドリルドラゴン》領域移動誘発を利用するのも手である。

 2つ目の能力は、ヴァンガードアタックする際に、Gゾーンの表の「ヴァンキッシャー」のカード1枚につき相手リアガードサークルを選び、1回のアタックヴァンガードと選んだリアガードサークルにいるユニットすべてとバトルする永続能力

 ヴァンガードGゾーンの表の「ヴァンキッシャー」のカードと同じ枚数のリアガードと同時にバトルを行うことができ、事前に《征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VOLTAGE”》超越してその起動能力を1回プレイしておくだけでも合計3枚のユニットとのバトルが行える。

 他のカード効果退却させきれなかったリアガードの他、抵抗効果退却しない類の能力持ちのリアガード等をバトルによる退却を狙うことができるので自動能力との相性が良く、相手ヴァンガードバトルダメージを与え損ねても、自動能力効果相手ヴァンガードダメージを与えやすくなる。

 ただし、《ダークエレメント ディズメル》《夜陰の紳士 サン・ジェルマン》等でバトル効果によるヴァンガードへのダメージを同時に防がれる場合があるので、自動能力との併用を狙う場合には、それらのカードに注意しておきたい。

 その他にも《照れ隠しの微笑 プーモ》《救急の守護天使 ダネル》のようなガードステップダメージステップ中にリアガードサークルへのスペリオルコールを行う能力で対処される場合がある。
 こちらは《ドラゴンダンサー ベルナデッタ》《黒風白雨のジン》等を併用しておくことで対処できる場合もあるが、それを考慮しても対処が難しいため注意はしておきたい。

 こちらが自動能力要件を満たせる場合は、相手としてはリアガードを1枚は残しておきたいので、事前にインターセプトされる可能性は低いので、類似する能力を持つ《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》等と違い、スタンドトリガーとの相性も良い。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2737 (2016-11-10)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2742 (2016-11-10)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q2743 (2016-11-10)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q2764 (2016-11-10)
    Q. 複数のユニットに対して一度にアタックする能力を使用され、アタックされました。このカードの効果でコールされたガーディアンはどのようにガードできますか?
    A. コールされるガーディアン1枚ごとにどのユニットをガードするか決めることができます。
  • Q2777 (2016-11-10)
    Q. このカードの能力によって相手の前列のリアガードを含む複数のカードにアタックをしました。相手はアタックされている前列のユニットで【インターセプト】できますか?
    A. いいえ、できません。アタックされているユニットは【インターセプト】できないからです。
  • Q2778 (2016-11-10)
    Q. このカードが能力によって相手の複数のユニットにアタックをしました。バトルの処理順を教えてください。
    A. バトルに関連する能力は通常のバトルと同様のタイミングで処理が行なわれます。ガードステップ以外は通常のバトルと違いはなく、ガードステップは以下の順で行なって下さい。1:ガーディアンをコールするファイターは、コールするカード1枚ごとに、アタックされているユニットの中から、どのユニットにガーディアンをコールするか選び、それらを同時にコールします。2:コールする際に選んだユニットにだけ、コールしたガーディアンのシールドの数値を、パワーに足す。
  • Q2779 (2016-11-10)
    Q. 複数のユニットと同時にバトルを行ないました。ドライブチェックはどうなりますか?
    A. 通常のアタックと同じドライブチェックを行ないます。例えばそのヴァンガードがツインドライブを持っているなら2回です。3枚のユニットに対してアタックしているからといって、3×2回ドライブチェックができるわけではありません。
  • Q2780 (2016-11-10)
    Q. このユニットがヴァンガードとリアガードに同時にアタックし、ヒットしました。ダメージチェックでトリガーが出て、相手がそのバトルでアタックされているリアガードのパワーを上げ、アタックしたヴァンガードのパワーを上まわった場合、そのリアガードは退却しますか??
    A. はい、退却します。そのバトルでヒットが確定したユニットは、その後にパワーが増減しても、そのバトルのダメージステップに退却します。
  • Q2783 (2016-11-10)
    Q. 「○枚につき、×枚選ぶ」という効果で、同一のサークルを複数回選ぶことはできますか?
    A. いいえ、できません。
  • Q2802 (2016-11-10)
    Q. どのような効果でバインドしたカードであっても、雷激の条件の枚数として数えてよいのですか?
    A. はい、そうです。裏であっても表であっても、どちらのファイターのカードの効果によってバインドされたものであっても条件として数えられます。
  • Q2803 (2016-11-10)
    Q. 「雷激 X」で相手のバインドゾーンがX枚の2倍ある場合、その効果は2倍になりますか?
    A. いいえ、2倍にはなりません。

収録情報 節を編集

ブースターパック天舞竜神G-BT09/001 GR イラスト/安達洋介我が道を阻むモノは、すべて打ち砕く!
G-BT09/001 SGR イラスト/安達洋介今こそ示せ!
竜王の遺伝子