山姥切国広(やまんばぎりくにひろ)/Yamanbagiri Kunihiro》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
刀剣乱舞 - 刀剣男士-打刀 パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【自】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが誉の能力を持つユニットを【ブースト】した時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000し、【自】(R)】:[このユニットをソウルに置く] このユニットが【ブースト】したバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、他のあなたのユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。』を得る。

 刀剣乱舞-ONLINE-で収録されたグレード0の刀剣乱舞

 を持つユニットブーストした時にカウンターブラスト(1)でパワー+3000と『ブーストしたバトルの終了時に自身のソウルインで他のユニット1枚にパワー+5000を与える自動能力』を得る自動能力を持つ。

 ブーストを行うことでパワー+8000を与えられ、そのバトルの終了時に他のユニット1枚にパワー+5000を与えることができるのが魅力。
 ただ、ブーストする必要のあるを持つカードが全体的にカウンターブラストを使用していく傾向にあるため、コスト競合を起こす点と直接カードアドバンテージを稼ぐことができない点から優先度はどうしても低くなりがちである。

 純粋にコスト自体が重く、カードアドバンテージを稼ぎにくい【刀剣乱舞】では運用が難しい面が目立つ。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

  • 原作ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』でのキャラクター説明では、
    「霊剣『山姥切』を模して造られたとされる打刀。オリジナルでないことがコンプレックス。綺麗と言われることが嫌いでわざわざみすぼらしい恰好をしている。実力は充分だが、色々とこじらせてしまっている。」
    とされている。
  • 原作ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』では、プレイヤーが最初期選択可能な5人の刀剣男士の1人である。それを反映してか先駆を保有している。
  • 刀としての「山姥切国広」とは、備前長船長義の刀である「山姥切」を、天正18年(1590年)に当時諸国を放浪していた刀工「堀川国広」が写して作ったもの。

FAQ 節を編集

  • Q1450 (2015-07-16)
    Q. 「誉」の能力を持っているカードは、そのターン中に一度「誉」能力のコストを払ったあとであっても「誉」の能力を持つカードですか?
    A. はい、そうです。コストが払えない状態になっていても、それは依然として「誉」の能力を持ったカードです。

収録情報 節を編集

タイトルブースター刀剣乱舞-ONLINE-G-TB01/025 R ©2015 DMMゲームス/Nitroplusその目、気に入らないな。