大悪女(だいあくじょ) ダンピール・リリィ/Great Villainess, Dhampir Lily》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
スパイクブラザーズ - ヴァンパイア パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、手札から突撃能力を持つカードを1枚まで選び、(R)にコールし、そのターン中、そのユニットのパワー+5000し、【自】:このユニットが(R)から山札に置かれた時、1枚引く。』を与える。

 The RECKLESS RAMPAGEで収録されたスパイクブラザーズGユニット

 アタックヴァンガードヒットした時に手札から突撃能力を持つカードを1枚までスペリオルコールし、そのユニットパワー+5000と『リアガードサークルから山札に置かれた時に1枚ドローする自動能力』を与える自動能力を持つ。

 スペリオルコールできるのは手札突撃能力持ちのカードのみだが、突撃誘発起点となりつつそれに伴う時限誘発によるディスアドバンテージの発生を抑えることができる。
 ユニットのいない前列リアガードサークルがあれば1:1交換となり、《コバルト・インパルス》スペリオルコールすれば強烈なガード強要が行えるようになる。

 《神速 フラッシュ・ブルース》と比べると、あちらは1:1交換で山札から選んでスペリオルコールでき、ついでにソウルも増やせるので汎用性では劣っている。
 こちらの利点は、突撃能力ディスアドバンテージなしで使えるという一点に尽きる。
 適切なカードを持っておけない場合に備えて、できればあちらも採用しておくのが望ましい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

はるか未来の“スパイクブラザーズ”に所属する、ヴァンパイアクォーターの女性選手。
強力な魔力と数多くの犯罪歴を持ち「大悪女」の異名を持つ。
捕らえられた彼女は、永久に外せない封印の魔術によって、その魔力と身体能力を封じられた。
……はずなのだが、封印の内部で彼女の魔力は徐々に強くなり、遂に封印の力を超えてしまったらしい。
牢獄を破壊して抜け出し、大悪女は夜の闇へ消えた。
再び裏社会で活動を始めたリリィに目をつけたのは、“スパイクブラザーズ”のスカウトマンであった。
可動域の狭い腕の代わりに、ドラゴンをも打ち倒す巨大な魔道義手を受け取った彼女は、程なくエースの座に上り詰めた。
今なお外れることのない封印にも関わらず、フィールドの彼女は不適に笑う。
「これで全員? あなた達なら……」

  • フレーバーテキストは、この最後のセリフに続く言葉だろうか。

FAQ 節を編集

  • Q1840 (2016-01-21)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1882 (2016-01-21)
    Q. このユニットは突撃能力を持つユニットですか?
    A. 「突撃能力を得る」などであれば、能力を得た後は突撃能力を持つユニットです。得る前であったり参照しているだけなら、突撃能力そのものは持っていないため突撃能力を持つユニットではありません。

収録情報 節を編集

テクニカルブースターThe RECKLESS RAMPAGEG-TCB01/036 R イラスト/たにめそそうね、指一本で相手してあげるわ。