(とら)われの堕天使(だてんし) サラエル/Imprisoned Fallen Angel, Saraqael》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ダークイレギュラーズ - エンジェル パワー11000 / シールド5000 / ☆1
【永】【(V)/(R)】:拘束(このユニットはアタックできない。)
【起】【(V)/(R)】:[【ソウルブラスト】(3)] そのターン中、このユニットは『拘束』を失う。
【自】【(V)】:このユニットが《ダークイレギュラーズ》に【ブースト】された時、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。

 魔侯襲来で収録されたグレード2のダークイレギュラーズ

 ソウルブラスト版の《ジェノサイド・ジャック》と言える性能を持つ。

 しかし、いかにダークイレギュラーズソウル溜めに優れているとはいえ、3枚ものソウルを継続的に支払うのは困難を極める。
 支払うことができても、ソウルを参照する能力や他のソウルブラストを使うのが困難になるという厳しいリスクを伴う。
 アタック要員なら《熱望の悪魔 アモン》などを、元々のパワーを考慮するなら《ヴェアヴォルフ・ズィーガー》を採用するべきだろう。

 使用する場合、ライドした場合に拘束を失えずにドライブチェックの機会を損なう状況にも注意が必要。
 《ヴァーミリオン・ゲートキーパー》ファーストヴァンガードにすれば確実に3枚以上のソウルが確保できるが、《デビル・イン・シャドー》などだとソウルインした上でソウルをさらに1枚増やす必要がある。

 数少ない併用できる要素としては、《ドリーン・ザ・スラスター》パワー増加がある。
 誘発のためのソウルチャージがこのカードのためのコストに直結するため、相性は良い。

 【ダークイレギュラーズ】ではソウル枚数が《仄暗き奈落の魔王》《エコー・オブ・ネメシス》等のヴァンガード要員の出力に直結するので、そのソウルを減らすこのカードは敬遠されがちとなる。
 それでも、ソウルブラストによってシークメイトコストを稼ぎつつ、シークメイトの指定カードをソウルからドロップゾーン経由で山札へ戻す手段として等、有効となり得る部分もある。

 混合クランデッキでは、変則的ではあるが《神界獣 フェンリル》《革の戒め レージング》等の能力で与える能力と組み合わせるという手もある。
 このカード拘束を失わせるために起動能力を使用し、与えた能力誘発させスペリオルコールへと繋げられる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

異界の大魔殿に封印されている造られた堕天使。遥か昔、悪魔たちに捕らえられ、異能力者製造実験の被検体となった。
その過程で彼女には多くの能力が移植されたが、最後は制御不能となり暴走した力で周囲一帯を焦土にしてしまったと言われている。
彼女の最後の願いである封印を施したのが誰なのか、現在に至ってなお特定はされていない。
黒に汚れた羽を見つめ、魔殿の奥で彼女は願い続ける。 自らが永久に解き放たれないことを。

  • 「サラエル(Saraqael)」は「エノク書」に登場する七大天使の一人。媒体によってサリエル、サハクィエル等の表記ゆれがある。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック魔侯襲来BT03/021 R イラスト/春乃壱だめ……、お願い……。 私を、解き放たないで……。