古代竜(こだいりゅう) ノドタンク/Ancient Dragon, Nodotank》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[【ソウルブラスト】(1) - 「古代竜」を含むカード] あなたのターン中、このユニットが(R)からドロップゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。払ったら、【カウンターチャージ】(1)し、他のあなたのユニットを1枚まで選び、そのターン中、パワー+4000。

 The RECKLESS RAMPAGEで収録されたグレード1のたちかぜ

 コストはの指定はあるが、カウンターチャージ(1)に加えて他のユニットパワーを与えることができる。
 似たような使い方ができる《翼竜 ビームプテラ》と比べると、誘発条件の緩さから《超古代竜 パーリータイタン》自動能力効果等、バトルフェイズ中以外のタイミングで退却させた場合でも誘発が可能であるという利点がある。

 コストは多少厳しいものの、汎用性のある《古代竜 スピノドライバー》《古代竜 ディノダイル》等を併用すれば、利用回数は1〜2回程度に限られるが【たちかぜ】全般で運用できる。

 【古代竜】では、《古代竜 ジオコンダ》と並んで《古代竜 ティラノバイト》《古代竜 イグアノゴーグ》で必要になるコストを稼ぐ手段となる。
 このカード元々のパワーが及第点なのでブースト要員として無理なく使い続けることができ、コンボが前提になるとはいえ誘発のタイミングもある程度調整可能なので扱いやすい。
 可能な限り、1〜4ターン目で「古代竜」をノーマルライドしたり、適当なグレード3のカード《古代竜 スピノドライバー》等の適当な「古代竜」にノーマルライドする等したり、ソウルの「古代竜」の枚数を稼いでおきたいところである。

 ただ【古代竜】ソウルを稼ぐことに長けているわけでもなく、自力でソウルイン可能な「古代竜」は《古代竜 ディノダイル》に限られ、使える回数も2〜3回程度に限られてくる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1850 (2016-01-21)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1867 (2016-01-21)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか?
    A. コストとして支払うカードの条件を指定しています。そこに指定された条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンにある《かげろう》である「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。

収録情報 節を編集

テクニカルブースターThe RECKLESS RAMPAGEG-TCB01/058 C イラスト/七片藍10万年? まだまだ若手だな。