古代竜(こだいりゅう) スピノコマンドー/Ancient Dragon, Spinocommando》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4):[あなたのリアガードを1枚選び、退却させる] あなたのターンの終了時、コストを払ってよい。払ったら、ソウルからグレード3のカードを1枚まで選び、【スタンド】でライドする。ライドしたら、ソウルから「古代竜 スピノコマンドー」を1枚まで選び、手札に加え、1枚引く。
【自】:このユニットが(V)に登場した時、そのターン中、このユニットは【自】(V)】:[【カウンターブラスト】(1) - 「古代竜」を含むカード] あなたのターン中、あなたの「古代竜」を含むリアガードがドロップゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。払ったら、そのカードをユニットのいない(R)にコールする。』を得る。

 The RECKLESS RAMPAGEで収録されたグレード3のたちかぜ

 1つ目の能力は、ターンの終了時にリアガード1枚の退却で、ソウルからグレード3のカードを1枚までスペリオルライドし、スペリオルライドしたら、ソウルから《古代竜 スピノコマンドー》を1枚まで手札に加え、1枚ドローするリミットブレイク自動能力

 ソウルからグレード3のカードスペリオルライドすることに成功すれば、このカード手札に加えつつ1枚のドローが行えるので1:2交換のアドバンテージとなる。
 【たちかぜ】では、グレード3のカードソウルに置く手段がほぼ再ライドに限られてくるため実際には2:2交換になることに加え、《古代竜 ティラノブレイズ》のサポートを利用したとしても使えるタイミングは自ずと7ターン目以降となってくる。
 再ライドを前提とするのであれば、可能な限り《古代竜 スピノドライバー》とのコンボを狙いたい。

 このカード《古代竜 スピノドライバー》ブレイクライドすることができればパワークリティカルの増加の恩恵を受けられる。
 さらに、次のターン相手退却呪縛デッキボトム送り等の効果からたちかぜリアガードを2枚以上守りきることができれば、このカードを再び《古代竜 スピノドライバー》ブレイクライドするといったことも狙える。
 いくら繰り返せるとはいえそれに拘り過ぎず、手札に加えたこのカード超越スキルコストに使う選択肢もあることを考慮しておきたい。

 《古代竜 スピノドライバー》ブレイクライドできなかった場合でも、2枚目以降をこのカードライドさせれば、リアガード相手退却呪縛デッキボトム送り等の効果等の被害を受ける前に処理しつつ、手札の増強に繋げる程度の働きはできる。

 2つ目の能力は、ヴァンガードサークル登場した時に『「古代竜」のリアガードドロップゾーンに置かれた時にエスペシャルカウンターブラスト(1)することで、そのカードスペリオルコールする自動能力』を得る自動能力

 登場したターン限定だが、リアガードサークルからドロップゾーンに置かれた「古代竜」のカードスペリオルコールする能力を得られる。
 《古代竜 マグマアーマー》のように《古代竜 ヒュプノハング》《古代竜 ディノクラウド》等と併用することで、《古代竜 ティラノバイト》《古代竜 イグアノゴーグ》がなくとも疑似スタンドが狙えるようになる。
 誘発条件コストの関係からより純粋な【古代竜】専用に近いが、《古代竜 マグマアーマー》能力と異なり、バトルフェイズ中といったタイミングの制限はない。
 そのため、このカードの1つ目の能力は勿論、《古代竜 スピノドライバー》コスト退却させた「古代竜」のカードを即座にスペリオルコールし、アドバンテージを稼げる。
 ただし、その場合は《古代竜 スピノドライバー》能力の処理の前に、このカードヴァンガードサークル登場した時の能力を処理する必要があるので注意しておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1426 (2016-01-21)
    Q. 複数のリアガードが同時にドロップゾーンに置かれた場合、このカードの能力は何回発動しますか?
    A. ドロップゾーンに置かれたカードの枚数分発動します。

収録情報 節を編集

テクニカルブースターThe RECKLESS RAMPAGEG-TCB01/014 RR イラスト/moi圧倒的強者は、圧倒的強者を知る。
G-TCB01/S09 SP イラスト/moi(※なし)